FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

うないフェスティバル2011が開催されます

次の通り、うないフェスティバルが開催されます。赤嶺さんが中心となって事務局をされており、琉球人の力で意義深いワークショップ、シンポ等が開催されますので、是非皆さまご参加ください。




次の参加団体をご紹介します。

うないフェスティバル 2011 参加団体 @牧志駅前ほしぞら公民館
Hoshizora Community Center@ Makishi Station

NPO法人 エイブルサポートつばさ
KEYWORD : 福祉

私たち NPO法人エイブルサポートつばさの運営している
「障がい者生活介護センターつばさ」では、障がいのある
方が通って、食事や入浴の介助、レク、リハビリ、作業や
生きがいづくりなどを行っています。障がいがあっても、
明るく元気に、個性的に活動を楽しんでいる様子や活動内
容を紹介します。

表現フォーラム
KEYWORD: 表現・芸術
天然染料での自分自身のストールを染める染め
遊びを複人数で行い、お互いのコミュニケーシ
ョンをはかる。

住基ネットに反対する
市民ネットワーク沖縄

(反住基ネット沖縄)
KEYWORD: 人権
“ウシは 10ケタ、ヒトは 11ケタ。”
すべての国民に 11ケタの番号がつい
ているのをご存知ですか?住基コード
がそれです。私たちには固有の名前が
あり、番号で管理されることに反対で
す。最近、街には監視カメラが増えま
した。政府は、十分な論議もせず「コ
ンピュータ監視法」を成立させまし
た。さらに「国民総背番号」ともいう
べき「共通番号制」を導入しようとし
ています。反住基ネット沖縄は、監視
社会に反対し、憲法で保障されている
プライバシー、通信の秘密、表現の自
由を守る活動をしています。

オキナワ・ドリーム・ヘルス
KEYWORD: 健康
人間にとって一番大切な健康!
万病及び老化を促進する活性酸素を消去する抗酸
化力 1番の活性水素!

くま絵師・悠
KEYWORD: 人権・LGBT(特にゲイ)
ひげのはえたくま=ひげくまは、みんな仲よし。カップルだった
り、友だちだったり、ほのぼのと暮らすひげくまたちの姿を通し
て、日本のゲイライフを描きます。

沖縄原爆展を成功させる会
KEYWORD: 平和、原発
沖縄原爆展運動は 11年目になります。「原爆と峠
三吉の詩」のパネル展示から始まった運動は、展示
の中でたくさんの戦争体験者の証言を集めて編集を
つづけ、今日 120枚の全日空襲、沖縄戦、戦地から
の引き上げ、戦後の状況などに大がかりなものへと
発展しました。若い世代にあの戦争がなんであった
のかを継承していくこと、平和の力を集めていくこ
とに会の目的があります。今年は 3.11の東北の大
災害、原発事故があり、福島原発を独自取材したパ
ネルを加えての展示になります。

レインボーアライアンス沖縄 KEYWORD: 人権
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)が生きやすい社会の実現をめざし、LG BT
とその支援者(ally)がともに活動する団体です。沖縄や日本の中にとどまらず、世界各地で活動している
LGBTとも手を取り合い、また、様々な社会問題に取り組む NPO/NGOとも連携します。さらに、社会状況を改
善するために、教育現場や行政にも働きかけていきます。
軍事基地を許さない

行動する女たち
KEYWORD:脱軍事化、基地問題
1995年の設立。「軍隊は構造的
暴力である」という基本理念の
もとに、基地・軍隊から引き起
こされる暴力、特に女性に対す
る性暴力、人権侵害、環境問題
に女性の視点から取り組む。戦
後 66年間も外国の軍隊が駐留し
続けている沖縄で、戦後ずっと
起こり続けてきた暴力にどれほ
ど多くの女性たちが沈黙を強い
られて来ただろうか。こうした
女性たちが、声をあげやすい環
境作りのため、現在、フィリピ
ン、韓国、プエルトリコ、ハワ
イ、グアムなど米軍基地をかか
える国や地域、そしてアメリカ
の女性たちと「軍事主義を許さ
ない国際女性ネットワーク」を
構築し、国内外で活動してい
る。


うないフェスティバル 2011 参加団体 @牧志駅前ほしぞら公民館
Hoshizora Community Center@ Makishi Station


NPO法人 エイブルサポートつばさ
KEYWORD : 福祉
私たち NPO法人エイブルサポートつばさの運営している
「障がい者生活介護センターつばさ」では、障がいのある
方が通って、食事や入浴の介助、レク、リハビリ、作業や
生きがいづくりなどを行っています。障がいがあっても、
明るく元気に、個性的に活動を楽しんでいる様子や活動内
容を紹介します。

表現フォーラム
KEYWORD: 表現・芸術
天然染料での自分自身のストールを染める染め
遊びを複人数で行い、お互いのコミュニケーシ
ョンをはかる。

住基ネットに反対する
市民ネットワーク沖縄
(反住基ネット沖縄)
KEYWORD: 人権
“ウシは 10ケタ、ヒトは 11ケタ。”
すべての国民に 11ケタの番号がつい
ているのをご存知ですか?住基コード
がそれです。私たちには固有の名前が
あり、番号で管理されることに反対で
す。最近、街には監視カメラが増えま
した。政府は、十分な論議もせず「コ
ンピュータ監視法」を成立させまし
た。さらに「国民総背番号」ともいう
べき「共通番号制」を導入しようとし
ています。反住基ネット沖縄は、監視
社会に反対し、憲法で保障されている
プライバシー、通信の秘密、表現の自
由を守る活動をしています。

オキナワ・ドリーム・ヘルス
KEYWORD: 健康
人間にとって一番大切な健康!
万病及び老化を促進する活性酸素を消去する抗酸
化力 1番の活性水素!

くま絵師・悠
KEYWORD: 人権・LGBT(特にゲイ)
ひげのはえたくま=ひげくまは、みんな仲よし。カップルだった
り、友だちだったり、ほのぼのと暮らすひげくまたちの姿を通し
て、日本のゲイライフを描きます。
沖縄原爆展を成功させる会
KEYWORD: 平和、原発
沖縄原爆展運動は 11年目になります。「原爆と峠
三吉の詩」のパネル展示から始まった運動は、展示
の中でたくさんの戦争体験者の証言を集めて編集を
つづけ、今日 120枚の全日空襲、沖縄戦、戦地から
の引き上げ、戦後の状況などに大がかりなものへと
発展しました。若い世代にあの戦争がなんであった
のかを継承していくこと、平和の力を集めていくこ
とに会の目的があります。今年は 3.11の東北の大
災害、原発事故があり、福島原発を独自取材したパ
ネルを加えての展示になります。

レインボーアライアンス沖縄 KEYWORD: 人権
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)が生きやすい社会の実現をめざし、LG BT
とその支援者(ally)がともに活動する団体です。沖縄や日本の中にとどまらず、世界各地で活動している
LGBTとも手を取り合い、また、様々な社会問題に取り組む NPO/NGOとも連携します。さらに、社会状況を改
善するために、教育現場や行政にも働きかけていきます。
軍事基地を許さない

行動する女たち
KEYWORD:脱軍事化、基地問題
1995年の設立。「軍隊は構造的
暴力である」という基本理念の
もとに、基地・軍隊から引き起
こされる暴力、特に女性に対す
る性暴力、人権侵害、環境問題
に女性の視点から取り組む。戦
後 66年間も外国の軍隊が駐留し
続けている沖縄で、戦後ずっと
起こり続けてきた暴力にどれほ
ど多くの女性たちが沈黙を強い
られて来ただろうか。こうした
女性たちが、声をあげやすい環
境作りのため、現在、フィリピ
ン、韓国、プエルトリコ、ハワ
イ、グアムなど米軍基地をかか
える国や地域、そしてアメリカ
の女性たちと「軍事主義を許さ
ない国際女性ネットワーク」を
構築し、国内外で活動してい
る。

The Hemp Island 麻妃
KEYWORD: 環境・健康
縄文時代から受けつかがれてきた麻の文化が、G.H.Qの日本
占領政策によって立たれて 66年。日本に麻の文化があったこ
とが忘れ去られている。1980年代より産業用大麻(ヘンプ)
が植物資源として、地球を救う植物として見直され注目を集め
ている。日本の麻(ヘンプ)文化を掘り起こし、又、放射能汚
染の浄化に使えることを紹介する。

比嘉座
KEYWORD: しまくとぅば・パフォーマンス
比嘉座は、座長(脚本・演出):比嘉陽花、
役者:山里紗葉、照屋寛文、楽師:香取光一郎で
構成された演劇集団です。平成 20年 9月 9日に
琉球大学卒業生を中心に結成しました。沖縄をテ
ーマとした物語を沖縄本島中南部の方言、石垣市
白保の方言を用いて創作しています。沖縄的短編
芝居『しまくとぅばも戦世も語れない』シリー
ズ、香取光一郎のアコーディオン伴奏による沖縄
の歌に台詞をのせた『歌劇』シリーズを県内各地
で上演しています。
比嘉座の目的は「身の周りにある沖縄に気付い
てもらうこと」です。その為比嘉座の芝居は「し
まくとぅば、沖縄の失われつつある風習、アイデ
ンティティの問題」を描きます。観客の皆様がウ
チアタイして、自分の身の周りにある沖縄を大切
にしたい、と再認識していただけるような芝居の
上演に努めています。
うないフェスティバル2011 参加団体 @なは女性センター(新都心銘苅庁舎)
Naha Women’s Center@Shintoshin Mekaru City Hall
星槎国際高校沖縄学習室センター

KEYWORD: こども、教育、福祉
ワッタ―ルーチュー(Watta Loochoo)
KEYWORD: 先住民、自己決定権、脱植民地化
国連を含む国際社会に働きかけ、脱植民地化へ向け
て琉球民族の自己決定権行使を実現する活動をすす
めています。これまで、国連の脱植民地化特別委員
会で、グァムの政府代表のメンバーとして参加し、
グァムと沖縄が共有する基地負担・経済的政治的植
民地状況を訴え、沖縄でその報告会を行うなどの活
動をしてきました。

21世紀同人会
KEYWORD: 自立、言語復興
琉球弧の自立・独立論争誌『うるまネシア』を
2000年に創刊。2011年 5月までに、12号まで
刊行。2011年 10月には、世界のウチナーンチ
ュ大会開催にあわせ、琉球語・英語・スペイン
語・ポルトガル語訳を加えた「琉球タイムス」
を発行し、世界のウチナーンチュに琉球・沖縄
の「自己決定」について呼びかけました。

知念ウシ カフーワークス
KEYWORD: 健康、沖縄人の主体性、エンパワーメント、
デコロナイゼーション
「癒しの島」と呼ばれながら、癒されていない島
人はたくさんいます。そんな「うちなーうない」
が、癒され、自己肯定感を強化し、デコロナイゼ
ーションを実現するために、ハコミセラピー的手
法を用いたエンパワメントワークショップを開催
します。

And More!!!
学習室でのワークショップ等も予定されて
おります。うないフェス2011、最新の進捗
情報については、ブログをご覧ください。
お問合わせはメールで!!

Naha.unai.festival@gmail.com


金城芳子基金
KEYWORD: 助成事業
毎年20万円を、「女性
の地位向上に寄与する」
研究、活動に助成してい
る。ケースワーカーとし
て、里子運動をはじめ、
昭和初期以来、日本(東
京)の社会事業につくし
てきた「なは女」金城芳
子(1900~1990)の遺志を伝え、助成
希望者をうない展示によ
り募集する。

The Hemp Island 麻妃
KEYWORD: 環境・健康
縄文時代から受けつかがれてきた麻の文化が、G.H.Qの日本
占領政策によって立たれて 66年。日本に麻の文化があったこ
とが忘れ去られている。1980年代より産業用大麻(ヘンプ)
が植物資源として、地球を救う植物として見直され注目を集め
ている。日本の麻(ヘンプ)文化を掘り起こし、又、放射能汚
染の浄化に使えることを紹介する。

比嘉座
KEYWORD: しまくとぅば・パフォーマンス
比嘉座は、座長(脚本・演出):比嘉陽花、
役者:山里紗葉、照屋寛文、楽師:香取光一郎で
構成された演劇集団です。平成 20年 9月 9日に
琉球大学卒業生を中心に結成しました。沖縄をテ
ーマとした物語を沖縄本島中南部の方言、石垣市
白保の方言を用いて創作しています。沖縄的短編
芝居『しまくとぅばも戦世も語れない』シリー
ズ、香取光一郎のアコーディオン伴奏による沖縄
の歌に台詞をのせた『歌劇』シリーズを県内各地
で上演しています。
比嘉座の目的は「身の周りにある沖縄に気付い
てもらうこと」です。その為比嘉座の芝居は「し
まくとぅば、沖縄の失われつつある風習、アイデ
ンティティの問題」を描きます。観客の皆様がウ
チアタイして、自分の身の周りにある沖縄を大切
にしたい、と再認識していただけるような芝居の
上演に努めています。

うないフェスティバル2011 参加団体 @なは女性センター(新都心銘苅庁舎)
Naha Women’s Center@Shintoshin Mekaru City Hall
星槎国際高校沖縄学習室センター
KEYWORD: こども、教育、福祉

ワッタ―ルーチュー(Watta Loochoo)
KEYWORD: 先住民、自己決定権、脱植民地化
国連を含む国際社会に働きかけ、脱植民地化へ向け
て琉球民族の自己決定権行使を実現する活動をすす
めています。これまで、国連の脱植民地化特別委員
会で、グァムの政府代表のメンバーとして参加し、
グァムと沖縄が共有する基地負担・経済的政治的植
民地状況を訴え、沖縄でその報告会を行うなどの活
動をしてきました。

21世紀同人会
KEYWORD: 自立、言語復興
琉球弧の自立・独立論争誌『うるまネシア』を
2000年に創刊。2011年 5月までに、12号まで
刊行。2011年 10月には、世界のウチナーンチ
ュ大会開催にあわせ、琉球語・英語・スペイン
語・ポルトガル語訳を加えた「琉球タイムス」
を発行し、世界のウチナーンチュに琉球・沖縄
の「自己決定」について呼びかけました。

知念ウシ カフーワークス
KEYWORD: 健康、沖縄人の主体性、エンパワーメント、
デコロナイゼーション
「癒しの島」と呼ばれながら、癒されていない島
人はたくさんいます。そんな「うちなーうない」
が、癒され、自己肯定感を強化し、デコロナイゼ
ーションを実現するために、ハコミセラピー的手
法を用いたエンパワメントワークショップを開催
します。
And More!!!
学習室でのワークショップ等も予定されて
おります。うないフェス2011、最新の進捗
情報については、ブログをご覧ください。
お問合わせはメールで!!
Naha.unai.festival@gmail.com
金城芳子基金
KEYWORD: 助成事業
毎年20万円を、「女性
の地位向上に寄与する」
研究、活動に助成してい
る。ケースワーカーとし
て、里子運動をはじめ、
昭和初期以来、日本(東
京)の社会事業につくし
てきた「なは女」金城芳
子(1900~1990)の遺志を伝え、助成
希望者をうない展示によ
り募集する。

医療法人天仁会天久ヒルトップ

KEYWORD: 福祉/まちづくり

医療法人天仁会 高齢者福祉サービス部本校は、沖縄市久保田にある週 2回登校型の通信制高
門である「介護老人保健施設パークヒル校です。体験学習を重視しており、北海道スクーリン
天久」&「介護付き有料老人ホーム天久グや渡嘉敷島研修などの校外実習、さらに食育・福
ヒルトップ」&「高齢者複合施設うえの祉・ボランティア・芸術など幅広いジャンルの授業を
家」で日頃行っている地域福祉活動やボ多く実施。実践とコミュニケーションを通して座学だ
ランティア、まちづくりに関する活動報けでは学べない『生きる力』を学び、『社会に必要と
告と社会資源の紹介です。毎月発行してされる人材』の育成を目指します。
いる活動紹介誌「ほのぼの通信」を掲示本校の3つの約束
します。ぜひ、ご覧になってください。 【人を認める・人を排除しない・仲間をつくる】

オキスタ107
OKINAWAN STUDIES 107
DETERMINATIONKEYWORD: DECOLONIZATION, DEMILITARIZATION, SELF


オキスタ107は 、11月20日~26日開催「うないフェふるさとプロジェク
トス!アートと教育」展示企画全体のプロデュースを担

KEYWORD:伝統文化、英

当。『うないの ストーリーを引き出し、未だに解決

れていないうないストーリーに気づく。うないから



ないへ、うないの記憶と遺産をパフォーマンス・ア ー「沖縄のことが大好きで、もっと沖縄のことを知りたい」
とト、記録写真、映像、オーラル・ヒストリーを通していう想いを持った学生が集まり、「ふるさとプロジェクト
」探求する。うないの歴史を継承し、結ぬ心で団結したを結成しました。沖縄の伝統文化の担い手として、中高生
とうないたちが自己表現する公共空間を創りあげる。』 共に沖縄について学び、その素晴らしさを世界へ発信する
ことを目的としています。発足から約2年をかけ『Okinawan
Treasures 受け継ぎたい、残していきたい沖縄の宝』という
英語教材を出版しました。教材を活用し、県内の高等学校等
でワークショップを行っています。

沖縄県骨髄バンクを支援する会

KEYWORD:健康

骨髄バンク事業の普及啓発、血液疾患等の患者を支援する活動、より良い骨髄バンクを
求める活動等を行うことにより、より多くの患者のいのちを救うことを目的とする。全
国に先駆けて献血並行骨髄バンクドナー登録会を実施し、人口比率で全国一の登録者数
となる(全国平均の4倍)。毎月定例会を開催し、白血病等の血液疾患患者へ情報提供
および相談会を実施している。また、血液疾患医療講演会&相談会を実施し、県内患者
に県外著名医師による無料セカンドオピニオンのチャンスを提供している。

カマドゥー小たちの集い

KEYWORD: 人権、沖縄人女性の解放および主体性、伝統文化+反基地抵抗運動、チャモロとの連帯

1997年普天間基地の辺野古移設案が出てきて以来、宜野湾市民として傍観できないと立ち上がった普天間基地周辺在住・在勤の
女性たちを主たるメンバーとするグループです。名護市民投票のとき、名護の女性たちと共に、名護市で一軒一軒戸別訪問し、
「県内移設だと沖縄から基地はなくならない。宜野湾のために基地を受け入れないでいいです。一緒に反対しましょう」と呼び
かけたことが始まりです。以後、普天間基地を県外撤去する運動を地元で展開しています。沖縄からも日本からも基地がなくな
らないのは、沖縄に基地を押し付けて無関心でいられる圧倒的な「本土」の国民の存在が原因であると、これまでの沖縄の歴史
を踏まえて、日本人の応答を求めて、あえて、「基地の県外移設」を主張しています。「基地・安保」を肯定するものとの誤解
にもとづく県内外からの反発・批判にさらされながらも主張を続けてきました。これは、「わがままといわれてもいい、自分を
貫くんだ」という沖縄の女性解放運動の果実に基づいた行動だと自負しています。沖縄の言葉や伝統文化を反基地抵抗運動のや
り方に取り入れ、基地の土地だけではなく、沖縄・琉球そのものを取り返し再創造する運動をしています。グアムとの連帯、国
際会議での討論、外国の大学での講演、世界のウチナーンチュとのネットワークなどを通して国際連帯にも努めています。
スポンサーサイト



<< 『琉球タイムス』第2号完成! | ホーム | 星野リゾートに石垣金星さんが怒る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP