FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

セカイのウチナーンチュ大会 開催される

10月13日の沖縄タイムスの記事です。

琉球人がニューカレドニアで多くのご苦労をされ、今、母国に帰ってきました。
そのニューカレドニアでは、いま、フランスからの独立運動が盛んに行われています。
琉球と同じく植民地だからです。





今回、初参加となった南太平洋の仏領ニューカレドニアの沖縄日系人会(イヴァン・オブリー会長)。メンバーの一人、2世のルーシー・マツダさん(72)は、亡き父に抱いていた「複雑な感情」を乗り越え、晴れやかな表情を浮かべて1マイル(1・6キロ)を進んだ。

 名護市屋我地出身の父松田幸三郎さんは1910年、ニューカレドニアに渡り、鉱山労働や雑貨店経営に従事。現地の女性と結婚し、1男3女をもうけたが、太平洋戦争が始まると「敵性外国人」とみなされ、土地も店も奪われた上、オーストラリアの収容所を経て日本へ強制送還された。

 残された家族の生活はとても苦しく、働く母に代わって当時7歳の姉がルーシーさんや生後間もない妹を世話した。幸三郎さんは30年前に他界。二度と会うことはなかった。

 ニューカレドニアでは、戦争によって国を追放された出稼ぎ移民の祖父や父に「捨てられた」と思う日系2、3世は少なくない。ルシーさん自身、沖縄で再婚し5人の子どもに恵まれた幸三郎さんを「恨めしいと思った」と明かす。

 転機は2007年、ニューカレドニアを訪れた沖縄の妹に会ってからだ。さらに初来沖し、離れていたきょうだいたちに「家族」として受け入れられ、墓参りをするうち、氷が解けるように、つらい記憶が和らいでいった。

 来年7月、移民120周年を迎えるニューカレドニアには日系人の記念碑が建立される。その碑を設計するのは、那覇市の構造設計1級建築士、松田幸吉さん(57)。“自慢の弟”だ。

 沖縄のきょうだいとはメールなどで連絡を取り合ってきた。「過去にはいろいろあったけど、気持ちを通わせることができて、すごく幸せです」(新垣綾子)

スポンサーサイト



<< ルーチューのネットワーク | ホーム | 『琉球タイムス』第2号完成! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP