FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西浜 楢和さんの『沖縄通信』

 西浜楢和さんは大阪在住の方で、退職後、現在、大阪市立大学大学院で琉球について研究されております。

 西浜さんはとは、昨年、大阪で開かれた私の学習会で初めてお会いしました。その後、宇検村のゆいまーる会議にも参加して下さいました。いつも励まされております。

 西浜さんは定期的に『沖縄通信』を発行されております。リンクに『沖縄通信』を張りましたのでご覧ください。

今日、西浜さんから『沖縄通信』第55号(2008年2月)をメールにて頂戴しました。目次は次の通りです。

1.1月24日(木)、沖縄ジュゴン訴訟で判決。アメリカ国防総省が敗訴。

2.「軍の関与が復活」か、 「軍の強制認めず」か。
  1月18日(金)、沖縄戦裁判勝利・教科書検定意見撤回要求集会が開かれる。

3.1月26日(土)に、「山内徳信近畿後援会第1回総会」が開かれる。


同通信の第46号(2007年5月)において、私の学習会の内容「普天間基地をグアムへ移設せよ」との方針は正しいか?」が掲載されています。同通信の一部を次に紹介したいと思います。



ぼくは少なくとも2006年5月31日付の『沖縄タイムス』を読むまでは、宜野湾市にある普天間基地はグアムへ移設すればよいと(宜野湾市の伊波洋一市長と同じように)思っていました。アメリカ領だから…。

 5月31日から6月2日まで3回にわたって同紙に松島泰勝・東海大学助教授の『「海兵隊移転」を考える-グアム・沖縄の自治をめぐって』が連載されました。

1963年石垣市生まれ、石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島で育った松島さんは、早稲田大学大学院修了後、1997年から2000年まで在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館・在パラオ日本国大使館で専門調査員として勤務されていたので、グアムの状況に詳しいのです。

この連載記事を読んで、沖縄とグアムの状況が類似していることにぼくは驚愕しました。その後、お聞きしたところによると気象庁に勤務しておられた父親の転勤のために離島を回られていたのです。

 4月13日(金)、この松島さんを講師に『海兵隊のグアム移転と先住民チャモロ人』と題した講演会が「沖縄とともに基地撤去をめざす関西連絡会」の主催で扇町インキュベーションプラザにおいて開かれ、参加してきました。

(中略)

以上のような松島さんの講演をぼくは目からウロコで聞きました。話を聞きながら、ぼくは宜野湾セミナーハウスの又吉京子さんの講演『沖縄・ここも人の住む島-沖縄に生きる女たちのメッセージ-』を思い出していました。

2000年8月25日に日本キリスト教団大阪教区沖縄交流委員会が主催して開いたものです。この原稿を書くにあたって、もう一度その『講演記録』を読みました。そうなのです。沖縄もグアムも"ここも人の住む島"なのです。  

 だから、普天間基地をグアムへ移設すれば良いという問題ではないのです。移設なき普天間基地の即時閉鎖こそ求めるべきです。

そのためにはウチナーンチュとチャモロ人の連携を深め、それに日米の民衆が連帯していくという陣形を早急に形成する必要がある、とぼくは確信します。




スポンサーサイト



<< 京都行動の紹介 | ホーム | 喜山荘一さんの与論島クオリア >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP