FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ルーチューのネットワーク

10月14日の沖縄タイムスの記事です。

ルーチュー(琉球人)のネットワークによって、琉球に住むル‐チューが助けられました。
セカイのウチナーンチュはこのように、母国のことを強く思い、ゆいまーる活動をしてきました。




沖縄戦後の1948年、食糧難の沖縄を救おうと豚550頭を送ったハワイ移民1世への感謝状贈呈式が13日、県立博物館・美術館であった。当時、布哇(ハワイ)連合沖縄救済会の代表として豚輸送のため乗船した7人のうち、4人の子孫に感謝状が贈られ、ウチナーンチュネットワークの絆を確かめ合った。

 7人の子孫で今回の大会で来沖したのは上江洲易男氏の孫エバン・ウエズさん(20)、島袋眞栄氏の孫糸村ジョン昌一さん(48)、渡名喜元美(げんび)氏のおいキース・トナキさん(70)、宮里昌平氏のひ孫ナリサ・ウエハラさん(29)。

 ほか乗船者は安慶名良信、仲間牛吉(うしきち)、山城義雄の3氏で、ハワイの家族に感謝状を送る。

 県養豚振興協議会長の我那覇明さん(62)は「われわれ養豚の生産者が沖縄の食文化を守り、豚を飼って生活できるのは皆さんの先祖のおかげ」と涙ぐみながら感謝。豚をかたどったティーポットを送った。

 感謝状を贈呈した上原良幸副知事は「同胞愛の原点とも言える温かいユイマール精神と絆の深さを表してもらった。7人の勇気ある行動をたたえ、長く後世に伝えたい」とたたえた。

 子孫を代表して糸村さんは「将来は再生エネルギーなどで沖縄がハワイを助けてくれるかもしれない。互いに助け合っていきたい。イッペーニフェーデービル」とあいさつ。

 トナキさんは「おじが船に乗った時、私は7歳で何も分からなかった。60年以上たち、代わりに来られてこんなにうれしいことはない」と感激の面持ち。

 ウエハラさんは「あまり沖縄コミュニティーと関わりがなかったが、自分のルーツをもっと知りたくなった」、エバンさんも「出席できて良かった」とそれぞれ喜んでいた。

 同館では船上の様子などを伝える写真パネル展「海から豚がやってきた!」も始まった。16日まで。

スポンサーサイト



<< 泡瀬干潟埋め立て事業が再開される | ホーム | セカイのウチナーンチュ大会 開催される >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP