FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

泡瀬干潟埋め立て事業が再開される

10月15日の沖縄タイムスの記事です。

琉球の経済自立の足かせになる泡瀬埋め立てをなぜ、行うのか。革新市長の東門さんは、琉球史において大きな汚点を残すことになるでしょう。

雇用をほとんど生まない、住民の税金負担をさらに増やす施設がまたひとつ琉球に生まれようとしています。

日本政府の内閣府沖縄総合事務局は、琉球の貴重な自然を破壊しており、その公共事業の本質がふたたび明らかになりました。



「自然の生き物を埋め殺すのはやめろ」「待ちに待った事業再開だ」。沖縄市の泡瀬沖合埋め立て事業(東部海浜開発事業)が2年ぶりに再開した14日、埋め立て地につながる仮設橋梁付近や沖縄総合事務局中城湾港出張所前では、事業の反対派、推進派がそれぞれ集会を開いた。両者ともこぶしを突き上げ、事業再開の歓迎や中止を訴えた。海上保安庁が警戒に当たるなど、緊迫した場面もあった。

 総合事務局は午前10時45分ごろから、作業船の航路の目印となる黄色の灯浮標(ブイ)設置の作業を開始。クレーン付き台船を使い、6基をつり下ろした。

 現場海域では、海保の巡視船や業者の監視船、報道関係者を乗せた小型船などが詰め掛け、物々しい雰囲気。工事に反対する市民団体の関係者ら十数人も小型船に乗り、遠巻きに作業を監視した。

 同事業に反対する市民団体「泡瀬干潟を守る連絡会」の約30人は、橋梁前と同出張所前に集結。「サンゴを税金で殺すな」と書かれた横断幕や干潟の生き物の写真を展示し、抗議した。

 連絡会の小橋川共男共同代表は「怒りで胸が張り裂けそうだ。国、県、市は経済効果があると言うがまやかしであり、裁判でも証明されている。何としてでも埋め立てを阻止しよう」と呼び掛けた。前川盛治事務局長も「計画は密室で作られ、需要予測もずさんだ。防災対策もできていない」と批判した。

 推進派の沖縄市東部海浜開発推進協議会は同出張所近くで集会を開き、商工会や観光協会、市議、住民ら約150人がガンバロー三唱で工事再開を後押し。参加者は「歓迎 沖縄一の人工ビーチ早期オープン」などの横断幕を手に、中断と再開を繰り返した事業の早期完成に願いを託した。

 協議会の新垣直彦会長は「中部広域圏域全体の発展につながる事業だ。若者の雇用の場を生み出す事業を一日も早く完成させてほしい」と声を張り上げて喜んだ。泡瀬出身者で組織する泡瀬復興期成会の當真嗣蒲会長は「地元住民も市議の大多数も事業を支持している。これが民意だ」と推進を呼び掛けた。

スポンサーサイト



<< 大学院大学は誰のものか? | ホーム | ルーチューのネットワーク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP