FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第10回ゆいまーる琉球の自治in座間味島

座間味島の宮里さん、宮平さんのおかげで、11月の集いの概要が決まりました。参加されたい方は、私にご連絡下さい。参加者の民宿を予約する必要があります。

matusima345@gmail.com

11日は、泊港から座間味島へ。フェリー座間味は12時発14時着。クリーン座間味は9時発9時50分着。予約をお願いします。

私は9時出発します。


予約受付窓口   座間味村役場 那覇出張所 
TEL.098-868-4567 FAX.098-868-0630


次に座間味島の宮里さんと宮平さんが作成した、ゆいまーるの集いの内容です。



“第10回ゆいまーる琉球の自治 IN 座間味島”現地コーディネート提案
【主旨に則り】
本フォーラムの趣旨「島々の歴史・文化を踏まえつつ、島の抱える諸課題について参加者同士が語り合う中で確認し、自治的自覚を強化してきた。」の参加者を、島外参加者+島内参加者と位置づけ、受け入れプランのあり方を
考察する。

即ち、私たちが本企画に関わる意義は、スピーカーの発表及び島外参加者の知見や視点に接する機会をつくり、島内参加者の自治的自覚の芽吹きと強化を促す事にある。

【基本的な考え方】
島内には専門家や学識経験者が皆無である。よって、単元ごとのスピーカーは個人の主観的な見識である事が前提である。住民構成における対局の構図(島人/大和人、観光業/以外の産業、etc)から見えてくる多様な意見をありのままに抽出し、参加者の実感を促す。

【副題】
  交流の時代、島嶼地域における地域自治のイニシアティブと、未来への責任

【ファシリテーション】
  課題を炙り出すだけではなく可能性や特性を見出し、住民間に潜在化する多様な対局の構図を超越した共通理解へと導く。

【進め方】
1. 各単元の基本的時間設定は、発表30分質疑30分とし、質疑をファシリテートする。
2. 全ての発表や議論終了の後「座間味の美しさ、そして未来へ」で、クールダウン及び未来への提言を行う。

【単元教材】
島の理解(フィールドワーク及びガイダンス)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮平 賢・宮里清之助(初日3h/導入)
  テーマ : 島内を徒歩・バスにより散策しながら島の全体像を共有、フォーラムの基礎情報を共有する。

★歴史・過去
歴史認識・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮里清五郎(フィールドワークの中で実施する)
  テーマ : 地域の風景を共感する。史実としての歴史認識を共有する。
ムラ社会における役場の位置づけ・・・・・・・・・・・・・・宮里正太郎(フォーラムの中で実施/導き)                                                                                   テーマ : どのような地域課題があり、どう対処してきたか。役場の位置づけや住民と行政の関係は?

  ★過去~現在~未来
阿真地区の地域課題と取り組み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・糸嶺 勇(フーラムで実施/中盤)
   テーマ : 地域のしきたりの中で混住する地域住民と移住者。地域財産の位置づけと活用。
  
 ダイビング観光と環境保全・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村 毅(フォーラムで実施/後段)
   テーマ : 島の優位性を活かした産業の変遷と未来を見据えた使命とは。
   産業の変遷と地域産業としての「21.ざまみ」・・・・・・・・垣花武信(フォーラムで実施/後段)
   テーマ : 「21.ざまみ」の使命と現状、そして未来。

  ★未来
座間味の美しさと未来・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高松明日香(フォーーラム最後/映像を使用)
 テーマ : ファインダーを通して見える本当の美しさとは・・。

【行程イメージ】
1日目 : (着後/午後)
      13:30 フィールドワーク&ガイダンス・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮平 賢・宮里清之助

※貸し切りバス及び徒歩で島内視察と併せガイダンスを行う。又、フォーラムの全体像を参加者が共有する。(海洋文化館視察含む)

      17:30 民宿チェックイン・・夕食
      19:00 懇親会開始、(晴天時/ビーチサイド、荒天時/公民館)
          ※島内参加者持ち寄り型の懇親パーティー(当該参加者は参加費)
      21:00 懇親会終了

2日目 :(終日フォーラム)
09:00  フォーラム午前の部、開始(阿真公民館)
       11:30  昼食       
       13:30 フォーラム午後の部、開始
 17:00 フォーラム終了
17:30  ファン感謝月間会場へ徒歩移動、
会場にて交流及び会食
スポンサーサイト



<< 東日本大震災復興支援フォーラムin 龍谷大学 | ホーム | 大学院大学は誰のものか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP