FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄とミクロネシアの現状と課題~自治の視点から

来週26日、世界人権宣言大阪連絡会議、国際人権規約大阪府民会議、(社)部落解放・人権研究所のお招きで、大阪において講演をすることになりました。ぷらっと「人権情報ネットワーク」の告知文を次に掲載します。





国際人権規約連続学習会青い空と紺碧の海―― 沖縄やグアムと言えば「常夏のリゾート」を思い浮かべる人が多いでしょう。
一方、沖縄も、グアムを含むミクロネシア(パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、北マリアナ諸島など)も、
ともに植民地化の歴史を持ち、その歴史が現代においても社会的な課題に結びついています。

本年6月に開催された国連脱植民地化特別委員会で
「グアムと沖縄は政治的にも経済的にも支配された植民地。
地域のあり方や行く末は本土政府によって決められ、住民たちの声は届かない」との訴えがありました。
訴えたのは沖縄出身で、同委員会にグアム政府代表団の一人として参加していた龍谷大学の松島泰勝さんでした。

現在、グアムは国連脱植民地化特別員会において非自治的地域リストに登録されており、
国連はグアムの脱植民地化を推し進めています。
そして沖縄同様、住民による脱植民地化、脱軍事基地化運動が続いています。

今回の学習会は松島さんをお迎えして、沖縄とグアムが協力しながら、
双方がともに自治の島になるための方法、実践について伺います。
多くの方のご参加をお待ちしています。
日 時:2011年10月26日(水)午後1時30分~3時30分

会 場:HRCビル(AIAIおおさか)5階ホール 大阪市港区波除4-1-37

テーマ:沖縄とミクロネシアの現状と課題~自治の視点から

報 告:松島 泰勝さん(龍谷大学経済学部国際経済学科教授)

参加・資料代:1,000円

主 催:世界人権宣言大阪連絡会議、国際人権規約大阪府民会議、(社)部落解放・人権研究所

※ ご参加頂ける方はE-mailまたはFAXにてお名前とご所属または連絡先を
10月20日(木)迄にお知らせください。連絡先はメール末尾をご確認ください。
チラシ・申込用紙をダウンロード332gakusyukai.pdf

ご参加頂ける方はE-mail またはFAX にてお名前とご
所属または連絡先を10 月20 日(木)迄にお知らせく
ださい。FAX の場合は裏面シートをご利用ください。
お問合わせは大阪連絡会議事務局まで。
TEL&FAX:06-6581-8705
E-mail:gakusyukai@blhrri.org(学習会専用アドレス)
スポンサーサイト



<< ウチナーンチュに生まれて本当によかった! | ホーム | 東日本大震災復興支援フォーラムin 龍谷大学 >>


コメント

琉球、グアム、太平洋諸国を統合してください

琉球もグアムも1国で独立するのは難しいように思います。
多様な統合のEUに加盟するのがいいと思います。
ソ連や東欧から独立した国々もEU加盟目指したから独立できたと思います。
あるいはミクロネシア、ポリネシアなど太平洋地域統合して加盟するのもいいと思います。
最悪でも日本植民地からは離れて、アメリカに加盟したほうがましと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP