FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ウチナーンチュに生まれて本当によかった!

10月19日の八重山毎日新聞の記事です。

私もあらためてウチナーンチュに生まれて本当に良かったと両親に感謝しています。




第5回世界のウチナーンチュ大会に来県した八重山関係者が18日、石垣島を訪れ、石垣市・竹富町主催の交流イベントに参加した。一行は市町出身者とその家族ら16人。島内観光をしたほか、FMいしがきサンサンラジオに出演した。夜は交流懇親会で歓待を受け、郷里との絆を確認。二世三世らも踊りの輪に加わって八重山の文化に触れた。

「沖縄に生まれてよかった」としみじみと語る出身者の言葉に、ルーツを大切にする気持ちがあふれていた。

 宮良出身でテキサス州に住む照子・レアードさん(65)=旧姓鳩間=は41年前、ポールさん(65)と結婚して渡米した。以来、7度帰省しているが、大会は初参加。「最高だった。涙が出た。ウチナーンチュに生まれてよかった」と感激する照子さんに、ポールさんは「みんなフレンドリーだった。5年後にまた来たい」と約束した。

 照子さんは息子2人に郷里のことを話して聞かせ、孫3人にも三線やエイサーを体験させている。照子さんは交流会で終始、方言を使い、「アイデンティティーやルーツがあれば大丈夫。どんなことにも負けない」と話した。

 両親が黒島出身で自身も幼少のころに同島で育ったライト・東盛早苗さん(59)は、ニューメキシコ州で宮城流能松会ニューメキシコ支部の教師として琉舞を教える。「沖縄に生まれたことが誇り。アイデンティティーを再確認できた。みんながルーツを大切にし、一堂に会することができるのも先祖のおかげ」と感謝。19日には母親の早重さん(82)が暮す黒島に帰省する。

 交流会では中山義隆市長、川満栄長竹富町長、伊良皆高信市議会議長があいさつし、「ようこそふるさとへ。皆さんを誇りに思う」などと歓迎した。

 出身者は自己紹介をした後、「ムイチャー」を着用して安里屋ゆんたの踊りを体験、参加者全員で踊りの輪をつくった。最後は六調節に合わせてモーヤーをし、喜びを分かち合った。
スポンサーサイト



<< 石垣島と台湾とのつながり | ホーム | 沖縄とミクロネシアの現状と課題~自治の視点から >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP