FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島と台湾とのつながり

9月13日の八重山毎日新聞の記事です。

私の父親も台湾で生まれました。パラオで私が生活していたときに、台湾の方とテニスをしたり、一緒に食事をしました。石垣と台湾とは距離も近く、今でも人のつながりが強く残っています。外に開かれた琉球の文化の多様性を示すものです。




石垣島に住む台湾系の住民が丸ごとのブタを供えて「土地公」と呼ばれる道教の神に祈りをささげる「土地公祭」が11日、名蔵御嶽で行われた。旧8月15日に合わせて行われる恒例行事で、会場は無病息災や商売繁盛を祈願する人たちでにぎわった。

 土地公祭は、八重山に住む台湾系の人々が集まる重要な行事のひとつ。会場として名蔵御嶽を借りる形で戦前から続いている。参加者の間には、道教の寺院(廟)を建立し、土地公の神像を常時まつれるようにしたいという声がある。

 会場には、午前11時の開始時刻に合わせて台湾系の人たちが集まり始め、鳥肉と魚、豚肉からなる「三牲(さんせい)」と呼ばれる基本的な供え物や果物や菓子などを並べていった。このあと、独特の細長い線香をささげたり、燃やして煙にすることによって天界に届くと考えられている紙銭を燃やしたりする儀式などがあった。

 土地公祭は、台湾系の住民が顔を合わせてコミュニケーションを取る場としても重要な意味を持っており、女性たちが振る舞う手製のビーフンを味わいながら、会話を楽しむ人たちの姿も見られた。

 祭りの最後には、向こう1年間にわたって土地公の神像を預かる「炉主(ローツー)」を選ぶ儀式があり、「ポエ」と呼ばれる半月型の道具を使って神の意志を尋ねた結果、嘉義県出身の簡田記美子さん(60)に決まった。

 簡田さんが炉主に選ばれるのは5年連続で、「新しい神様の家(廟)ができるまで預かる覚悟でいる。災いがなく、毎日健康で暮らせるように祈願を続けたい」と話していた。
スポンサーサイト



<< 八重山の一体性 | ホーム | ウチナーンチュに生まれて本当によかった! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP