FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島の「方言札」と奄美語

10月14日の南海日日新聞の記事です。

奄美諸島でも「方言札」が行われ、奄美語の撲滅の歴史があったことを知りました。あまみFMを中心にして奄美語が盛んにつかわれるようになり、島人のアイデンティティ強化につながっていると思います。

方言ではなく、奄美語であると考えます。



復帰の頃の奄美・UIOターンサポート合同講座が10日、奄美市の名瀬公民館であった。今回のテーマは「復帰の頃の方言(札)教育時代」。シマユムタ伝える会の山田薫会長が方言教育の変遷を考察。方言札で児童生徒の方言使用を禁止した時代から「方言の日」を定め、島唄、島ぐち教育が盛んになる経緯を振り返った。

 講座は「奄美のトラさん」こと花井恒三さん(63)が主宰。今回は座談会形式で報告、意見交換した。
 山田さんによると、学校での方言の使用禁止は終戦間近(1945年ごろ)に強まった、と指摘。方言を使った児童生徒は「方言札」を掛けさせられた。「昭和30年代は正しい国語を使いましょう」「本土での生活に不便」との理由で方言使用を禁止した。

 その後、学校教育で方言が取り入れられるようになり、大島地区文化協会は2007年度、「方言の日」を制定。山田さんは伝える会で島唄、島ぐちイベントを開催。ラジオにも出演して島ゆむたの保存、継承に取り組んでいる。

 出席者は方言禁止教育が学校でトラブルになったこと、地域や家庭までは行き届かなかった事例を報告。「世界自然遺産に通じる奄美の多様性の価値を持続するためにも、奄美語の多様性は不可欠」との指摘もあった。「方言で校歌を歌う」「島ぐち弁論大会」など方言を守るための提言が相次いだ。
スポンサーサイト



<< 人権と環境そして縁起論 | ホーム | 八重山の一体性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP