FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

京都行動の紹介

昨年の6月8日に、京都行動の方々の招きで京都においてお話をさせていただきました。京都行動とは、2004年9月に辺野古で米軍基地新設の調査が強行されたことを受けて、京都で学生や市民が反対アピールを始めたのをきっかけで立ち上がった市民運動です。

現在は、毎週三条河原町でアピール行動をしたり、イベントを企画したりしながら、ここ京都から米軍基地の問題を考える取り組みを行っています。

講演会の前に3回学習会を開き、琉球やミクロネシアについて学習したうえで、私の講演を聞いてくださいました。真剣に琉球について学び、行動している若い人びとに触れ、幸せでした。

交流会でお話をした後、若い方々が共同で生活をしている寮にいき、議論をした後、泊まらせていただきました。私が泊まった共同使用の部屋では、若い方が毎晩、自由に議論や勉強会を行っているようでした。自治の精神で若者が集い、社会問題を学び、行動しているのです。

私の学生時代を思い出すとともに、若い方々の琉球に対する熱い思いと行動に接することができ、本当にうれしく思いました。

京都行動についてはホームページを参照させていただきました。以下は私の講演会、学習会についての文です。
京都行動のリンクをはりましたので、ご覧ください。




京都行動が主催する講演会アンド学習会のお知らせです。
もう春は過ぎ去りつつありますがいちおう新歓企画ですので、新入生の皆様ぜひぜひ来てね。

新入生じゃない皆様も、学生じゃない皆様もこぞってお越し下さい。
少しでも多くの人がこの問題とつながるきっかけの場となればいいなと思います。

辺野古の新基地建設強行、ほんとにおかしなことになってるし…
こんな状況を多くの人と共有してなんやらしたいです
↓↓↓
辺野古に海自艦 普天間代替の調査支援
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23687-storytopic-3.html

当日、会場にてお待ちしております。それでは。

◇◇◇以下転送・転載歓迎◇◇◇

『<観光の島>から考える
     —沖縄・グアム・米軍基地—』

●ゲスト 松島泰勝さん(東海大学助教授)
●日時  6月8日(金)18:30~21:00
●会場  京都大学文学部新館第2講義室
●\無料\

松島さんの講演をきくにあたって、事前学習会を行います。
こちらにも是非お越しください。↓

◆◇同時開催プレ企画!!◇◆

第1回 テーマ:「沖縄は太平洋とつながっている」
(『琉球の「自治」』第8~10章)
5月15日(火)18:30~@京都精華大学L102教室


第2回 テーマ:「経済学的視点からみる基地問題」
(『琉球の「自治」』第4~6章)
5月17日(木)18:30~@立命館大学諒友館829教室


第3回 テーマ:「戦争体験から学ぶ-サイパン、テニアンから沖縄へ-」
5月23日(水)18:30~@京都大学文学部新館第1講義室

◆呼びかけ文◆

元気なオバァ。三線と島唄。ゆったりした時間。色鮮やかな空と海。咲き乱れる花。混沌とした空気。パスポートはいらないけれど異国のような風土※…

あらゆるものが観光資源だといっても過言ではないほどに、多様な側面が魅力的に宣伝される沖縄。この島には、年間約564万人もの観光客が訪れます(2006年沖縄入域観光客数)。

しかし一方で、沖縄戦以来ずっと米軍基地が広大な面積を占めるこの場所は、世界規模の軍事戦略である米軍再編の渦中にあります。

「人口密集地に位置する普天間基地の危険除去のため」という名目で人口の少ない名護市辺野古沖に基地を移設するだとか、「沖縄の負担軽減のため」に海兵隊8000人をグアムへ移転させるだとか、そういったタテマエですすめられていく基地の整理。

今行われていることが本当に負担軽減になるのか、沖縄からグアムへと基地を移すことが本質的な解決をもたらすのか、問いは尽きません。

基地の先に確実に存在する戦争。その拠点となるのが沖縄やグアムであり、その暴力の糸をさらにたどって行き着くのは私たちの足元なのです。他人事では済まされないこの状況とどう向きあい、繋がっていくことができるのか。

石垣島出身の沖縄育ち、グアムの事情にも詳しい松島さんを講師にお迎えし、お話を聞きながら、共に考えてゆけたらと思います。

※琉球が沖縄県として日本へ併合されたのは1879年。それ以前は実際「異国」であった。日本の敗戦後、1951年にサンフランシスコ講和条約が調印され、以降1972年の「日本復帰」まで沖縄は米国の統治下にあった。その間、日本から渡るにはパスポートが必要だった※


◆松島泰勝さんプロフィール◆

1963年石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程履修単位取得。経済学博士。在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門調査員として勤務を経て、東海大学海洋学部助教授


●主催 沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★
京都行動ホームページ http://kyoto-action.jugem.jp/
スポンサーサイト



<< 関西沖縄文庫の紹介 | ホーム | 西浜 楢和さんの『沖縄通信』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP