FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

英語で学ぶ琉球語

10月2日の琉球新報の記事です。

とても素晴らしい取り組みだと思います。

琉球語の教科書を早く読みたいです。




ウチナーグチを研究する星槎国際高校非常勤講師の崎原正志さんら4人が、英語でウチナーグチを学べる教科書「Rikka,Uchinaa―nkai!」(リッカ ウチナーンカイ)を制作している。第5回世界のウチナーンチュ大会に合わせて試作版を400部印刷し、米国でウチナーグチを教える県人会関係者や研究者などに贈呈する。

 制作しているのは崎原さんの他、琉球大学の狩俣繁久教授、島袋盛世准教授、研究員の儀保ルシーラ悦子さん。同大のプロジェクトとして2009年から取り組んでいる。

 教科書は、県系3世のエイミーとデビッドが沖縄を旅しながら地理や歴史を学ぶという物語仕立て。15のレッスンで構成されている。今後は贈呈した人々の意見を反映させ、50のレッスンを4冊ほどに分けて収録する予定。2年内に出版と教科書を活用した教え方の確立を目指す。

 在ブラジル県系人向けにポルトガル語への翻訳も進めており、レッスン15までは年内に完成する予定。崎原さんは「県系人はもちろん多くの人に活用してほしい」と話している。問い合わせは琉球大学国際沖縄研究所(電話)098(895)8475。

スポンサーサイト



<< 琉球女性の活躍 | ホーム | 人権と環境そして縁起論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP