FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球女性の活躍

沖縄タイムスの「週刊ほーむぷらざ」という雑誌で崎原さんが紹介されていました。
ハワイと琉球を結びつけた研究と、実践をともに行っている方です。
琉球ではこのような若い女性がチバッテおり大変励まされます。




うないフェスティバル2011
共同実行委員長



  崎原 千尋 さん


撮影:高野生優(フォトアートたかの)

研究と実践から歴史を継ぐ

 11月20日からの本番を前に、プレ企画が始まっている「うないフェスティバル2011」。27年の歴史を持つイベントを受け継ぎ、新たな展開を模索、奮闘しているのが崎原千尋さんだ。ハワイ大学大学院の博士課程に席を置き、3歳の息子を育てながら女性やジェンダーに焦点を当てた戦後沖縄研究を続ける。「うないに関わってみて、自分たちの世代は、先輩たちが闘って勝ち取ってきた権利の中で育ってきたことがよく分かった」。長年の留学で培った視点で、歴史あるフェスに新たな息吹を吹き込む。




 
留学の学び故郷に生かす
 

 参加22組で組織する「うないフェスティバル2011」の実行委員会。崎原さん(右から3人目)は、「いろいろな団体と関わりながら一つのイベントを作り上げていくというのは、なかなかない経験。そこがうないの面白いところ」とニッコリ=なは女性センター(撮影/編集部)

 
「私たち世代の役割って何だろう?」/
「沖縄とアメリカを交差させた女性史研究を成し遂げたい」

 
 「私が実行委員長なんて、最初は荷が重くて倒れるんじゃないかと思った」と、苦笑いしながら本音をもらす。
 34歳の研究者の卵。留学先のハワイで故郷への思いを深めた。「植民地主義に翻ろうされ続ける歴史や基地問題、それに対する言語や文化復興の抵抗を知り、沖縄はどうなっているのかを考えさせられた」

 私たちの世代にできることは何か、留学経験を沖縄にどう還元するか―。そんな思いが、暴力や差別のない共生の視点から社会のさまざまな課題を発信してきた「うないフェスティバル」の実行委員長を引き受ける後押しになった。

 目指したのは「理念を継ぎながら、若い世代も楽しく参加できるフェスを作ること」。ハワイで2004年から本格的に始まった「ガールフェスタ」をヒントにしながら、これまでのうないフェスを受け継ぐ方法を模索している。

 「ガールフェスタは、女性に対する暴力をアートと教育を通してなくそうと、若いアーティストたちが中心になって始めたもの。アーティストトークやワークショップもポップな感じだけど、問題意識はとことん共有する」

 若い世代の目線で問題や現状を表現し、発信する取り組みを、研究者や表現者、地域が一体となって作り上げていく過程をハワイで体験し、「研究を実践にどう生かせるか。社会との関わりや役割にも目を向け、研究者を目指す意義を問い直す機会になった」とも。

 アートと教育を柱に、展示中心のイベントとして展開する今年のうないフェス。「新しいところでは、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の活動団体が参加。マイノリティーと言われる立場の人たちともつながって光を当て、声を発信していければ」と意気込む。


 「復帰後に生まれ育った私は、沖縄のことを知っているつもりで、人に語れるほど知らなかった。当たり前のように過ごしていた生活には、アメリカの影響が切り離せない。沖縄を知るには、アメリカを知ることが必要だと思った」。それが「アメリカン・スタディーズ」と呼ばれる新しい地域研究を志す出発点だった。

 ハワイで学生結婚し子どもを授かるが、妊娠中に夫の病が判明。闘病と出産が重なる厳しい状況を受け、休学して帰沖した。琉球大学国際沖縄研究所に勤めながら子育てし、夫の闘病を支える日々。研究ができない現実に落ち込むこともあったが、「途中で辞めなければならなかった夫のためにも、夢を諦めたくなかった」

 研究に意識を向ける精神的な目標となったのが、育児中の女性研究者を支援する「スミセイ女性研究者支援」の公募。2度目の挑戦となった今年、県内大学初の入賞を果たした。

 夫の体調も回復し、ハワイ大学にも復学。「ようやく目標へのスタートラインに戻ってきた。先生や仲間たち、理解のあるパートナーがいて、家族や親せきが支えてくれる沖縄社会ならではのシステムに助けられています。結果を出せなかったらバチがあたる」

 アメリカと沖縄を交差させ、近代、戦後の沖縄を舞台にしたアメリカ人女性と沖縄女性の研究はまだ始まったばかり。「うないフェスに関わらなければ、机の上で本だけの研究になっていたはず。今を生きる沖縄の一女性として、地に足をつけた研究を目指したい」。真っすぐな瞳は、希望に満ち溢れていた。(比嘉千賀子)


 
「うないフェスティバル2011」11月20日(日)~26日(土)開催
今、うないからうないへ 結いぬ心 肝に染みてぃをテーマに、
平和、人権、文化、福祉、アート、教育などの分野で活動する22組が、
活動展示やワークショップを行う。

・開会式/11月20日、ほしぞら公民館(那覇市牧志駅前)
・閉会式/11月26日、なは女性センター(新都心銘苅庁舎1階)
・展示会場/なは女性センター、ほしぞら公民館
・ワークショップ会場/なは女性センター学習室

  関連イベント
■由井晶子さんとの学習会(第3回)
11月22日(火)、なは女性センター。
■レインボーアライアンス沖縄 映画上映会
11月25日(金)、てんぶす那覇。

問い合わせは、
Naha.unai.festival@gmail.comまで。


 
 
■ところで…+α
 「童神とはよく言ったもので、夫婦ともに、おなかにいたときから息子の存在にいっぱい救われた」と目を細める崎原さん。母親として、わが子への愛情はひとしおだが、「子育てしながら研究をすることを甘く見ていた。私自身が母親に甘えている身。“お母さん”という立場にはまだ、恐れ多い気持ちがある」と反省しきり。小学校教諭としてフルタイムで働きながら3人の子どもを育てた自身の母親に感服する、新米ママの修行はまだまだ続きそうだ。

 
 
P R O F I L E

さきはら・ちひろ
1977年生まれ、浦添市出身。2000年に琉球大学法文学部人文学科を卒業後、アメリカへ留学。カリフォルニア州立大学大学院修士課程を卒業し、2004年からハワイ大学大学院博士課程に在籍。琉球大学国際沖縄研究所研究支援員。ハワイ留学経験者の有志で作る「オキスタ107」のメンバーでもある。
うないフェスティバル実行委員会ブログ http://unaifestival.blogspot.com




スポンサーサイト



<< 日本平和学会琉球分科会の開催 | ホーム | 英語で学ぶ琉球語 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP