FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トーク&映画上映会「わったーどぅしぐゎー、グアムのチャモロ」

次のようなイベントが開催されますので、是非、ご参加ください。

私もワッタールーチューのメンバーです!



うないフェスティバル関連イベント 
トーク&映画上映会
 わったーどぅしぐゎー、グアムのチャモロ
presented by Wattaa Loochoo
  
「離島の帝国」
「父の土地は米軍基地にとられました」 
「大国に入れば民主主義が手に入ると思ったのです」
「先生は私たちが母語を口にするたび定規でたたきました」
「私たちの島々はいまだ植民地なのです」
ーーー沖縄の話でしょ?
いいえ、グアムの話です。

⽇日時: 2011年年11⽉月23⽇日(⽔水・公休⽇日) 18:30開場 19:00スタート (20:30終了了)
会場: 沖縄県⽴立立博物館・美術館(博物館講座室)⼊入場料料(資料料代込): ⼀一般800円 学⽣生500円
主催: ワッタールーチュー お問い合せ: wattaaloochoo@gmail.com
マリアナ諸島にあるアメリカ

2011年年11⽉月23⽇日(⽔水・公休⽇日)18:30開場 19:00スタート沖縄県⽴立立博物館・美術館(博物館講座室)

「グアムってアメリカなの?」ーアメリカ人だけど大統領選選挙に投票できない、アメリカの議会
に代表を送っても議決権はない、グアムの人々は自らを「二等市民」と表現しました。島の1/3は米軍
基地です。先住民であるチャモロ人たちは言葉を英語に変えられ、土地を米軍基地にとられ、アメリ
カで最も軍事化された環境で生きています。「何世代にもわたりこの島々の忠実なる米国市民は、星
条旗のもとで戦いそして死んできた」そう語る彼らの声がぎゅっと詰まった映画です。グアムはもちろ
ん、マリアナ諸島全体の歴史や現状を伝えるこの映画、ぜひ琉球の私たちで鑑賞しませんか?
                           (映画60分、上映前に解説トークあり)
ドキュメンタリー映画


What’s next? (次回イベントのお知らせ)
 沖縄大学土曜教養講座「グアムと沖縄の脱植民地化を目指して」2011年12月17日(土)13:30スタート13:00開場
 基調講演:エドワード・アルバレス(グアム政府脱植民地化委員会事務局長) 報告者:親川志奈子・知念ウシ・松島泰勝・宮里護佐丸
スポンサーサイト



<< パレスチナと沖縄を結ぶ―民族自決権と開発― | ホーム | 日本平和学会琉球分科会の開催 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP