FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パレスチナと沖縄を結ぶ―民族自決権と開発―

「パレスチナと沖縄を結ぶ―民族自決権と開発―」と題するシンポジウムが来月、龍谷大学で開催されます。
お時間とご関心がある方は是非ともご参加ください。


左:パレスチナ・ガザ地区にて、爆撃された直後の住宅地で遊ぶ子どもたち/右:米軍ヘリ墜落に抗議する沖縄の老人

Ì パレスチナと沖縄―。⼀⾒かけ離れたこの⼆つの地域と⼈々には、共通点があります。
Ì ともに、占領や植⺠地化によって、⾃らの運命を⾃ら決定する⾃⼰決定権が⼈々から奪われ、この何⼗
年もの間、占領や⽶軍基地によって⽣活の破壊や⼈権の侵害に苦しみ続けています。占領の終結や⽶軍
基地の撤去を求める⼈々の声が、無視されています。

Ì ⽇本政府はパレスチナの国づくりに協⼒するとして、「平和と繁栄の回廊」構想などの開発援助を⾏っ
ています。沖縄に対しては、⽶軍基地を押し付ける代わりに沖縄振興という名の開発資⾦を⼤規模に投
下してきました。しかし、こうした開発はパレスチナや沖縄の⼈々の平和や⾃⼰決定につながっている
のでしょうか?

Ì ⺠族⾃決権と開発をキーワードに、パレスチナと沖縄を結ぶものを考えます。
『脱「国際協⼒」― 開発と平和構築を超えて』(新評論)出版記念シンポジウム

■プログラム
第1 部
i「パレスチナ/イスラエルの脱植⺠地化と⽇本:アパル
トヘイト政策と開発政策の共謀」役重善洋(パレスチナ
の平和を考える会)

i「イスラーム社会における市⺠運動:その特徴とパレス
チナ問題への影響」(英語・通訳あり)イヤース・サリー
ム(パレスチナ・ガザ地区出⾝、元国際援助ワーカー、
現同志社⼤⼤学院⽣)

第2 部
i「琉球の⾃⼰決定権―開発による⽶軍基地押し付け政
策からの解放を目指して」松島泰勝(龍⾕⼤学済学部国
際経済学科教授、ゆいまーる琉球の⾃治代表)

i質疑応答・討論
コーディネータ:中野憲志/通訳:藤岡美恵⼦
■⽇時 2011 年12 ⽉3 ⽇(⼟)午後2 時〜5 時

■場所 龍⾕⼤学深草キャンパス21 号館501 教室
(住所:京都市伏⾒区深草塚本町67)
Ìアクセス: 地下鉄「くいな橋」駅下⾞、徒歩7 分
/JR 奈良線「稲荷」駅下⾞、徒歩8 分/京阪「深草」
駅下⾞、徒歩3 分 地図Ô
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html

■参加費 500 円(龍⾕⼤学学⽣は無料)
■共催 〈NGO と社会〉の会、パレスチナの平和を考え
る会、NPO 法⼈ゆいまーる琉球の⾃治、龍⾕⼤学⺠際
学研究会、国際開発学会島嶼部会

■お問い合わせ(予約不要)
(株)新評論編集部内〈NGO と社会〉の会:
TEL 03-3202-7391/FAX 03-3202-5832
スポンサーサイト



<< 与那国島のお話大会 | ホーム | トーク&映画上映会「わったーどぅしぐゎー、グアムのチャモロ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP