FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮古島とサモアとの民際協力

11月3日の宮古新報の記事です。

宮古島とサモアとの民際協力が行われています。
島嶼間のゆいまーるであり、このようなつながりが、どんどん太くなればと思います。




宮古島市 (下地敏彦市長) は2日、 サモア独立国の水道事業運営支援協力の一環で、 水道の専門職員4人を現地に派遣すると発表した。 派遣期間は5日から27日 (現地活動期間7日~25日) までの約3週間。 サモアの水道事業は漏水率70%台、 水道料徴収率10%台と大きく立ち遅れている現状にあり、 下地市長は 「サモアの水問題解決に貢献し、 宮古の優れた水道技術を国内外にアピールする機会。 将来的な経済交流にもつなげたい」 などと抱負を語った。
続き

 派遣職員は、 市上下水道部下水道課の梶原健次課長補佐 (役割=総括・コーディネート)、 下里和広工務課施設係長 (同=総括補佐、 設計、 マッピング、 浄水場管理)、 前里忠義工務課課長補佐 (同=漏水対策指導)、 岸本隆工務課技師 (同) の4人。 名護市と民間企業の職員各一人も同行する。 5日に宮古を出発し、 今月28日に帰任予定。

 現地では、 ▽管路図面作成▽漏水探査及び修理▽漏水管理計画策定方法の指導―にあたるほか、 浄水場の管理状況の確認、 今後の支援協力に関する協議等も行う予定。

 サモアでは、 高い漏水率が水道経営を圧迫し、 水の安定供給に支障をきたしていることから、 JICA (国際協力機構) が国際支援協力に乗り出すことになり、 2010年~12年度の3年計画で宮古島市に技術支援を委託した。 派遣費はJICAが全額負担している。

 会見で下地市長は 「市職員と専門家を派遣し、 サモアの水道技術者に緩速ろ過による浄水技術と水道事業経営に関するノウハウを技術移転する。 宮古の優れた技術を国内外にアピールしたい」 と語り、 職員らの現地での活躍に期待した。

 サモアへの職員派遣は昨年11月に続いて2度目。 来年2月、 翌12年度も派遣する計画。
 また、 沖縄県水ビジネス検討会が初めて取り組む 「大洋州3カ国 (フィジー、 トンガ、 サモア) 調査団」 にも職員1人を同行させる。 期間は今月2日~12日。 上下水道部工務課の上地昭人会計課長は 「どのようなビジネスモデルがあるのか、 現地の水道関係者から助言を受けると同時に、 プレスリリース等を通じて情報提供を呼びかけたい。 (来年、 宮古で開催される) 太平洋・子どもサミットに向けても情報収集してきたい」 と意欲を語った。
スポンサーサイト



<< 琉球内での枯葉剤の使用 | ホーム | 竹富町に対する国の差別政策 >>


コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP