FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

関西沖縄文庫の紹介

関西沖縄文庫を紹介します。大阪の大正区にあります。この文庫を主宰していのが金城馨さんで、本NPO法人の理事をされています。金城さんには2年前にあいましたが、昨年は色々とお世話になりました。

文庫での学習会、コンサート・講演等に参加させていただきました。その過程で大正区に住む琉球人の方々と話す機会をえました。日本で琉球人が生きる意味を考えさせられました。その逞しい生き様から私自身も励まされ、勇気をいただきました。

差別の対象になり続けること、差別をこり超えるための実践、仲間同士の団結、既存の沖縄連帯運動への問い、琉球とは何か、日本とは何か等、多くのことを考えました。

関西沖縄文庫を拠点にして、関西の琉球人が自治の力で差別を考え、差別を乗り越えるための様々な実践をしてきたと思います。

文庫で何回か泊まったことがあります。無数の琉球本、三線等に囲まれ、様々なイベントが行われ、多くの人が集い、議論し、語り、涙した部屋の中で寝ていると、もう一つの琉球の歩みを感じることができました。

琉球の島々だけでなく、この関西の地においても、琉球人は生きてきたし、これからも生きていく。

私も4月から京都で生活をしますが、「関西に生きる琉球人」の一人になることの自覚をもって生きていきます。

以下の文章は、昨年、文庫主宰で行われたコンサート・講演の内容と、文庫ホームページに書かれた『琉球の「自治」』の紹介文です。
 


5.15 イベント「カジ(風)ぬファ(葉)カジ(風)ぬウトゥ(音) シマ(琉球)ぬニィ(根)が語ゆん」

1部 ライブ&トーク:佐渡山 豊(沖縄より来阪) ・ 新垣 優子(国頭出身)
カジ(風)ぬファ(葉)カジ(風)ぬウトゥ(音)

2部 講演会:琉球の「自治」-松島 泰勝<東海大学海洋学部助教授>
琉球ぬニィ(根)が語ゆん- 基地!危地!奇地!で自治がなく



琉球の自立を考える上で、政治的には様々な視点から語られてきたが

経済の自立無くして、琉球の独立、自治はあり得ないと思うし

この著書はまさしく、経済からみた、琉球を考える時に、無くてはならない本と思う。

是非、皆さんの手元に置いてほしい本である!。
スポンサーサイト



<< やっちゃばの前田守一さんのご紹介 | ホーム | 京都行動の紹介 >>


コメント

沖縄少年会館

日本復帰前の1966年全国からの寄付金で建設された沖縄少年会館の建物が今壊されようとしています。私たちは、復帰前の沖縄の歴史文化を伝えるために保存活用すべきだと訴えています。
構造的にも改修は可能ですが、那覇市は公用車の駐車場にするために解体を急いでいます。

ニュース610の復帰40周年特集「変わろう沖縄残そう沖縄」の3月22日版ですが
県外の方&見逃した方も多いと思いまして、録画をyoutubeにアップしました。
http://youtu.be/5WI3GTZ9F_Y






コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP