FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球内での枯葉剤の使用

11月4日の沖縄タイムスの記事です。

琉球内で平気で枯葉剤を米軍は使い、現在もそれが基地内にある可能性は否定できません。
日本国は、自国民である琉球人がこのような危機的状況にあるのにたいし、国民保護の対策を
とろうともしていません。




県内での枯れ葉剤使用の可能性を示す1966年当時の米空軍省の資料が明らかになった3日、「米側に情報公開を求めるべきだ」との声が広がった。「県内米軍基地で枯れ葉剤が使用、貯蔵されていた」と明かした退役軍人の証言が報じられた後、基地周辺の住民には不安が募る。同文書を入手した英フリージャーナリストのジョン・ミッチェル氏は、「沖縄の人たちには本当のことを知る権利がある」と訴えている。

 本島北部の米軍施設付近にある集落出身の50代男性=浦添市在住=が本紙に証言した。本土復帰直前の1970年ごろ中学生当時に、米軍から入手した「除草剤」を使い住民総出で散布を手伝ったという。

 「葉っぱが大きい広葉樹も2日ぐらいで、茶色になり、草木はすべて枯れていた。水滴が飛び散って葉についた部分だけ、黒く点々と枯れていた。非常に記憶に残っている」「40年以上前のことなので証明するのは難しいことは分かるが、あれは枯れ葉剤だったのではないかという疑問が、ずっと心に引っかかったまま」

 ミッチェル氏には、普天間飛行場の退役軍人から情報が寄せられた。74年から75年まで勤務したカロス・ガレイさんは「当時、普天間は未使用のオレンジ剤やブルー剤、パープル剤といった枯れ葉剤が、他の基地から集められていた」と証言。「海兵隊本部にどう処理していいか何度も尋ねたが、私の問い合わせは無視された」。心臓疾患で闘病中のガレイさんは「枯れ葉剤」との因果関係を心配しているという。

 沖縄国際大講師で米国環境法に詳しい砂川かおりさんは「米国では汚染者の責任で関係者から聞き取りをして基地の履歴を調べるベース・クリーンアップの原則がある。日本政府や県は、関係者からの聞き取りや今回の文書の『除草剤』が具体的に何を指し、どんな関連文書があるのかを含めて、県民の不安に応えることが求められている」と訴えている。

 米軍がベトナム戦争での実戦を前提に北部訓練場で「オレンジ剤」の試験散布を実施した事実が米軍元当局者の証言(本紙9月6日付)で明らかになっている。しかし米側は「散布を示す公式書類がない」として真相解明に後ろ向きだ。

スポンサーサイト



<< 浄土と平和、環境運動 | ホーム | 宮古島とサモアとの民際協力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP