FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

浄土と平和、環境運動

昨日は、龍谷大学大宮校舎において、播磨灘を守る会の運動を40年も続けている、青木敬介さんをお招きして、島嶼経済とコモンズ研究会を開催しました。

青木さんは、藤原書店から『穢土とこころ』という本を出されております。佛教思想と環境問題、特に龍樹思想や浄土思想と環境問題、地獄と浄土との関係、環境と平和を守ることがなぜ仏教者にとって重要なのか、大企業や国はなぜウソをつくのか、住民運動を長く続けることができた理由、本願と悟りとの関係、原発労働者の実態など、仏教思想に裏付けられた平和と環境運動を総体的に学ぶことができました。

瀬戸内海の埋め立て、開発に対し、里海活動、海岸の清掃活動、法律の改正運動等、地道に活動をされていることも知ることができました。改めて、泡瀬干潟の埋め立ての問題性を青木さんから聞けました。

また浄土とは、自由、平等で互いに活かしあう世界であることも教えられました。あの世だけではないのです。この世の浄土をいかに実現するのかが人間の使命ではないかと考えさせられました。

国、大企業、原発会社が餓鬼、修羅、畜生の複合体であることを改めて認識しました。

青木さんは80歳になれますが、心筋梗塞、脳梗塞を克服され、しっかりとこれまでの生きざま、平和と環境と佛教との関係について話して下さいました。心より感謝申し上げます。

仏教徒として、環境、平和を守る活動をするのは、当然の歩みであるとの、青木さんの言葉には真実の重みがありました。

青木さんは、同じ僧侶からも「アカ坊主」と言われながらも、この世の浄土のために、ご自分の信念を貫き通して生きてこられ、心からの敬意を払いたいと思います。
スポンサーサイト



<< うないフェスティバル2011 | ホーム | 琉球内での枯葉剤の使用 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP