FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“第10回ゆいまーる琉球の自治 IN 座間味島”

明日から“第10回ゆいまーる琉球の自治 IN 座間味島”の開催のために、琉球に行きます。

座間味村の方々の協力を得ながら、準備を進めてきました。実りある人との出会いがあり、発見や話し合いで、自分を見つめ、これからの琉球の在り方を考えてみたいです。


【主 旨】
島の歴史・文化を踏まえつつ島の抱える諸課題について語り合い、自治的自覚を強化する。
【主 催】
  ゆいまーる琉球の自治(受け入れ世話人会代表/座間味村阿真区長)
【日 時】
  平成23年11月11(金)、12(土)、13(日)
【場 所】
  座間味村阿真区公民館
【フォーラム】
住民発表者は、島に暮らす中で経験してきた事、風景や思いを発表する。したがって、主観的な見識である。
とかくタブー視しがちな、島が抱える多種多様な構図(島人/大和人、農水産業/観光業、高齢者/若者、男/女)等々についても、ありのままに発表し、課題の抽出とともに特性や優位性及び可能性について参加者の実感を促す。

【日程】
1日目
★ガイダンス(14:00)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮平 賢・宮里清之助
         テーマ : 島内を徒歩・バスにより散策しながら島の全体像を理解、
                フォーラムの基礎情報を共有する。
★歴史・過去~
歴史認識(フィールドワークの中で実施)・・・・・・・・・・・・・・宮里 清五郎
  テーマ : 歴史民族資料館を訪ね、島の歴史風土を史実として共有す
         る。
2日目
★戦前~戦後復興時における村役場の役割とは(09:00)・・宮里 正太郎
    テーマ : どのような地域課題があり、どう対処してきたか。時代にお
           ける役場の位置づけや住民と行政の関係は?
  ★過去~現在~未来
★阿真地区の地域課題と区の取り組み(10:30)・・・・・・・・・・・・・・糸嶺 勇
   テーマ : 地域のしきたりの中で混住する地域住民と移住者。地域財
          産の位置づけと活用。
              
づけと
 ★産業の変遷と、自然環境保全の意義(13:30)・・・・・・・・・・・・・・中村 毅
    テーマ : 島の優位性を活かした産業の変遷と未来を見据えた使命
           とは。
★地域会社としての「21.ざまみ」(14:30)・・・・・・・・・・・・・・・・・・垣花武信
    テーマ : 「21.ざまみ」の使命と現状、そして未来への展望。
★未来
座間味の美しさと未来(15:30)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高松明日香
  テーマ : ファインダーを通して見える本当の美しさとは・・。
スポンサーサイト



<< グアムと沖縄の脱植民地化を目指して | ホーム | Insular EmpireのHPにワッタールーチューの映画上映会告知が掲載されました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP