FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やっちゃばの前田守一さんのご紹介

前田守一さんは、奄美大島の「やっちゃば」という果物屋さんで、奄美の果物や特産物を販売しているだけなく、インターネットを活用した果物の販売を行っています。

またIT起業塾での人材育成、タンカンの栽培、「奄美王国」というショッピングモールの運営等をされています。島の自治の担い手として南海日日新聞の久岡さんからのご紹介を受けて、学生とともに、お話を伺わせていただきました。

学生も前田さんのお話に食い入るように聞いて、大変、勉強になった、このような人になりたいと言っていました。

さらに前田さんには、本NPOのブログを立ち上げる際にも、専門的なお立場からアドバイスをいただきました。心よりお礼申し上げます。

以下の文章は、前田さんのブログに掲載されています、私に関係することを書いてくださった文章の一部です。

自治に対する強い意志と行動力を伺うことができます。前田さんのような30代で若い世代が真剣に、大胆に島の自治を実践しており、大変、頼もしく思いました。




2007年04月03日
「この4月から行うこと。」

 昨年末、報道などで「奄美市は第二の夕張」等と紹介されました。このニュースは奄美で暮らす人たちの心にも影を落としたように感じています。だからこそ「奄美でもできる」「奄美だからこそできる」心構えで生きたいのです。

 実りのない議論や行動を伴わない着想ではどうにもなりません。依存ではなく、個々の努力で「自立する」精神を訴えたいのです。そのために実証したいのです。

 春の連休は10日ほどの出張。その後は東海大学の松島泰勝先生はじめ学生のみなさんと勉強会があります。内発的発展論を奄美で聴ける事が何よりも楽しみです。

 これからもご期待くださいね。

松島泰勝先生の著作

・琉球の「自治」

・沖縄島嶼経済史―一二世紀から現在まで




2007年06月01日
「東海大学海洋学部のみなさんと。」
 5月31日~6月1日。

 2日間にわたって、東海大学海洋学部海洋文明学科のみなさんとお話をしました。テーマは「奄美の地域おこしとIT」です。

 学生の皆さんは、沖縄出身の松島泰勝先生の指導の下、離島の現状や課題等をいろいろと調査・研究されていました。すごく勉強熱心な学生さんばかりで、私もとても嬉しかったです。

 色鮮やかな奄美の果物にも興味をもたれて、パッションフルーツをお土産になさる方もいて、ほほえましい時を過ごしました。

 松島先生の引率グループは、私のほかに、地元ラジオ局「あまみエフエム」で頑張る麓さん、あまみ庵の森本さん、南海日日新聞の久岡さん等ともお会いし、いろいろなお話をされていました。
 
 若い人たちが奄美を知ってくださること。本当に嬉しいです。今月中旬にも東海大学のみなさんが何人か改めて奄美にいらっしゃるそうですから、奄美すももとの兼ね合いをみて、一度は、お酒を交えて、ざっくばらんにお話したいものです(^○^)
スポンサーサイト



<< やっちゃば前田さんのブログより | ホーム | 関西沖縄文庫の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP