FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第10回ゆいまーる琉球の自治 10

IMG_8201.jpg
忠魂碑の前で宮平さんが戦時中のお話をして下さいました。この場所に島の方々は逃げてこられたそうです。戦争中の琉球人の苦悩、悲劇を思いながらお話を伺いました。

IMG_8204.jpg
忠魂碑のそばに、島人のためのウタキがありました。日本的なものと、琉球的なものが並立して同じ場所にあったのが印象的です。ウタキが島を丘の上から守っているように感じました。

IMG_8205.jpg
宮平さんは雨の中を島の厳しく、苦しかった時を心をこめて、魂を込めて話して下さいました。辛かったと思います。島の歴史を私たちの記憶に刻み込み、この悲劇を繰り返してはならないのが私たちの義務であると思いながら、宮平さんの話を心で受け止めました。

IMG_8209.jpg
平和之塔です。宮平さんが自然と脱帽して、戦時中の集団強制死のお話をして下さいました。米軍上陸の経緯、日本軍と村役場や住民との関係、強制集団死がどのように行われたのかなどを語って下さいました。学生たちは事前に学習していたのですが、ノートをとって歴史的事実を自分の記憶に残そうとしていました。

IMG_8210.jpg
現在、琉球では米軍基地があり、自衛隊基地があります。日本や米国の安全保障のために、戦争を行える島にしています。海によって閉ざされた琉球の島で戦争が発生した場合、犠牲になるのは島の人間であるという当然の事実を、座間味島の歴史が私たちに教えてくれます。

スポンサーサイト



<< 第10回ゆいまーる琉球の自治 11 | ホーム | 第10回ゆいまーる琉球の自治 9 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP