FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やっちゃば前田さんのブログより

昨日の続きで、やっちゃばの前田さんがブログに、昨年、実施された奄美大島宇検村平田での「ゆいまーるの集い」について書かれていますので、引用させていただきます。

前田さんについては、あまみFMの麓さんとともに、高成田さんが朝日新聞のコラムでご紹介されています。




2007年11月19日
ゆいまーる琉球の自治・奄美大島宇検村平田集落

 11月18日(日曜)

 沖縄出身の経済学者・松島泰勝先生が地域の自然、文化を生かした地域おこしや自治のあり方を考える「ゆいまーる琉球の自治」の第2回車座集会を、奄美大島の宇検村平田(へだ)集落で開催されました。

 (第1回の車座集会は沖縄・日高島)

 3日間に及ぶ車座集会のうち、私(前田)は18日だけ参加し、奄美の実践者の一人として、奄美にいながら、距離の制約を受けずに島外の人々と交流できるということをお話しました。

 あいにく18日は朝から雨。
 でも、心はワクワクしながら、片道約2時間30分の道のりを車で向かいました。道すがら、人懐っこい松島先生の笑顔を思い出しながら、嬉しい気持ちで「ヘダ」へと向かいました。

 会場は平田公民館。

 藤原書店の藤原良雄社長のコーディネートのもと、松島先生の問題提起から始まり、南方新社の向原祥隆社長さんによる奄美の歴史のレクチャー、その後、私(前田守一)の通信販売、奄美の寅さんこと花井恒三さんの「スロー生活」、薗博明さんの自然への想い、麓憲吾さんのコミュニティFM(あまみエフエム)の事例報告などがありました。

 花井さんが積極的に発言された「別荘、トライアングル観光、世界自然遺産登録」の3つのバブルには身構えなければならないという提言は、興味深かったです。

 ニュースステーションでもおなじみの、朝日新聞の論説委員・高成田享さんも参加され、島おこしに大変興味をもたれたと感想を頂きました。(高成田さんって身長190cmほどある大柄の人だったので、ビックリしました)

 その他にも島外から多くの方々が参加され、いろいろな視点から奄美を考えることができて本当に嬉しかったです。南海日日新聞の久岡さんの「奄美もまだまだやれるじゃないか」という感想も印象的でした。

 さ~、これからも邁進していきましょう。
スポンサーサイト



<< 島の未来シンポジウム〜どうする!島の景観・自然、どうなる!島人の心と文化 | ホーム | やっちゃばの前田守一さんのご紹介 >>


コメント

こんばんは。
@やっちやばの前田です。

松島先生、ご無沙汰しています。ブログでご紹介くださいまして有難うございます。なんだか照れちゃいます。

3月10日と4月10日発売のアウトドア雑誌「BE-PAL」の連載「ゲンキな田舎」で2ヶ月間、私たち@やっちやばの事を取り上げてくださいますので、よろしければ、ぜひご覧くださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP