FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バベルの塔を見て

昨日のバベルの塔は大変、分かりやすく、原発問題を鋭くえぐるものでした。

最初に、京都学生プロジェクトのメンバーが京都内にある学生80人に対し原発の在り方についてインタビューした動画を編集したものを15分見ました。

学生が意見を直接聞けて良かったです。

映画では、研究者、福島の牧畜農家、運動家、元議員等の声を中心に、アニメーションを混ぜて、原発がいかに人間にって問題があるモノなのか、分かりやすく描かれていました。

原料の採掘、生産、廃棄物処理に全過程において人間の健康や生命を損なう悪魔の装置が原発であるとの認識をあらためて深く持ちました。

龍谷大学の学生さん6人と立命館の学生1人で構成される京都学生プロジェクトのメンバーが学生の視点を大切にして、原発問題をもっと考えてほしいという熱意から始まった手作りの映画界上映です。

学生の自治的自覚が社会運動として実現したことに感激しました。会場はほぼ満室であり、多くの若者が来ていました。

私が住んでいる大津市のすぐ近くの福井県沿岸部に原発がたくさんあります。原発問題は人ごとではなく、自分の問題であると改めて強く実感しました。

このような自主上映会は全国各地で開かれているそうです。

スポンサーサイト



<< 八重山教科書問題:日本政府への抗議活動のお知らせ | ホーム | バベルの塔(反原発のドキュメンタリー映画) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP