FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島の未来シンポジウム〜どうする!島の景観・自然、どうなる!島人の心と文化

昨年6月25日の『八重山毎日新聞』に「島の未来シンポジウム〜どうする!島の景観・自然、どうなる!島人の心と文化」が掲載されましたので、ご紹介します。

私も講演、パネラーとして参加しましたが、7時間近くにも及ぶ、島の現状を問い、解決策を見出そうとする真剣なシンポジウムでした。このブログでもご案内しましたように、実行委員会のメンバーは現在も会報発行、集い、裁判闘争等を行っております。





大型開発の情報公開も求める

「緊急、島の未来シンポジウム〜どうする!島の景観・自然、どうなる!島人の心と文化〜」(同実行委員会主催)が24日、市民会館中ホールで開かれ、講演やパネルディスカッションを通して石垣島の現状をさまざまな角度から検証、島の未来はどうあるべきか模索した。

島の未来を考え行動する共通の指標として、島の豊かな自然や美しい景観を「守ること」「育てること」「伝えること」を内容とする「島の未来シンポジウム宣言」を行った。

コーディネーターを務めた三木健氏は「市民1人ひとりが何ができるかを問うことになる」と指摘した。

 変わりゆく島の自然や景観を憂慮する市民有志が、島の人たちが主体となって島の将来を描く1歩にしようという実行委員会を組織して企画し、会場いっぱいの市民が集まった。

島嶼経済の視点から「石垣島の暮らしと未来」について講演した松島泰勝氏(東海大准教授)は閉鎖空間の島は無限成長はないと指摘、持続可能な発展の方法として▽開発規制地域の設定と入域制限の期間や人数の制限▽島独自の環境アセスの実施▽入島税による環境保全活動―などを提起した。

 パネルディスカッションでは三木氏を司会、松島氏をアドバイザーに7人のパネリストが観光ブーム、「ミニバブル」、まちづくり、まちづくりの主体について意見を交わし、島の人たちと移住者の協働によるまちづくりを確認した。

 シンポ冒頭の基調報告で田島信洋共同代表はさまざまな人が住む石垣島の“合衆国”ぶりを引き合いに「島の風土を失いつつあるこの島は島人らしさという共通の理念を持ち得ないまま漂流していく可能性がある。

島の現在と未来に対し責任を共有することが島人の条件ではないか」と問いかけた。

最後に行ったシンポ宣言は「これ以上バブルを膨らませずスローダウンさせ、島を崩壊から守るべきだ」と指摘。

「行政に対しては、懸念されるような景観・自然の破壊や大型開発の情報を速やかに私たち市民へ公開するよう強く求めていく」とするなど、オンブズマン的な役割も果たす内容を盛り込んだ。
スポンサーサイト



<< 「島の自然景観守れ」「条例を生かすのは私たち」島の未来シンポ準備委 | ホーム | やっちゃば前田さんのブログより >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP