FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第10回ゆいまーる琉球の自治 17

IMG_8245.jpg
中村さんの話は、どのようにダイビング協会としてオニヒトデの駆除をされてきたか、座間味のダイビング業の形成の歴史等でした。座間味の方々がいかに珊瑚、海を守りながら生業を営んできたのかがよくわかりました。


IMG_8246.jpg
那覇から安い値段で大量にダイバーを運んでくる業者との粘り強い話し合いを座間味のダイビング協会はしてきました。本当にきれいな海を愛しているという情熱が私たちに伝わってきました。座間味の美しい海を私たち見て、泳ぐことができるのは、座間味の人々の御蔭であると思いました。感謝です。


IMG_8247.jpg
スライドで詳しく、海と座間味の人々の歴史、歩みを見せて下さいました。座間味の人々は本当に琉球の海人であると、改めて感じました。


IMG_8248.jpg
新元さんが奄美大島の事例を紹介して下さっています。車座の自由な議論では、島々の比較がその場でできて、大変刺激的です。島と島とが交差します。

IMG_8249.jpg
宮里さんは90歳です。戦前から現在まで島を見続けてきました。島の移り変わりを話して下さいました。宮里さんは戦争に行き、シベリア抑留の経験もあります。「自分を見送った島の方々が亡くなり、戦争に行った自分が生きて帰ってきた」と無念の気持ちで語りました。集団強制死の歴史的事実が重く私たちの胸に残りました。
スポンサーサイト



<< グアムと琉球を結ぶ | ホーム | ぎのわんセミナーハウスの「沖縄人(うちなーんちゅ)ゆんたく講座」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP