FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと琉球を結ぶ

今日から琉球に行きます。
グアムからはアルバレスさんがきます。今年6月のニューヨーク以来の再会です。
明日は、県議会議長、記者会見、南部戦跡等に行き、明後日は、辺野古、嘉手納基地や、アルバレスさんが幼少期を過ごした普天間に行きます。


17日、以下のようなシンポがありますので、ご来場ください。



グアムと沖縄の脱植民地化を目指して


 グアム政府脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス事務局長を琉球に招いて、グアムにおいてどのような脱植民地、脱軍事基地の運動を行っているのかについて基調講演を行う。

次に、グアムと琉球における植民地状況、脱植民地化のための活動、脱基地化にむけたグアムと琉球との協力関係、他の太平洋諸島における脱植民地化との関係等について、アルバレス氏を交えて4人の琉球人がそれぞれの立場から報告を行う。そして、この議論を踏まえて、会場参加者との間で質疑応答をおこなう。

なおチャモロ人であるアルバレス氏は、父親の仕事の関係で、幼少期、普天間の大謝名に住んだことがあり、琉球に対して強い関心をもっている。
 
日時場所:12月17日土曜日 沖縄大学
1時開場、1時半から基調講演、5時まで。

基調講演:エドワード・アルバレス・グアム政府脱植民地化委員会事務局長
通訳:宮城千恵

シンポジウム
司会:照屋みどり(ワッタールーチュー)

パネラー:
エドワード・アルバレス
宮里護佐丸(琉球弧の先住民族会)
知念ウシ(カマドゥ―小たちの集い/ワッタールーチュー)
親川志奈子(オキスタ107/ワッタールーチュー)
松島泰勝(ワッタールーチュー/ゆいまーる琉球の自治/龍谷大学)


会場との質疑応答

主催:沖縄大学地域研究所、龍谷大学社会科学研究所民際学研究会、ワッタールーチュー
スポンサーサイト



<< 第10回ゆいまーる琉球の自治 18 | ホーム | 第10回ゆいまーる琉球の自治 17 >>


コメント

沖縄人のゆんたく講座に参加した、黒いジャージのほうです。

今日は、ありがとうございました。

行く前に、メールしたほうが良かったですね。

アウトローっぽい2人組みが来たのでびっくりさせたん

じゃないかなって思って帰り際、場違いだったんじゃな

いか、なーんて話していました。(笑)

大丈夫です。 生粋のウチナーンチュです。

私は、沖縄経済から見た独立論を話ししたかったのです

が、独立を何を土台に独立するのかと言う話でへこまさ

れました。 館長さんが言うそもそも復帰自体なんだっ

たのか考えないといけないとか、もう、復帰後に生まれ

た僕たちには話に入れません。 沖縄経済から始めよう

としてた僕たちへのカウンターパンチでした。

もちろんその後は、聞きに徹するしかありません。

私は、沖縄経済に強い自信がありましたが、シージャン

チャーの意見聞いて、井の中の蛙状態です。

とても、勉強になりました。

巨人軍 キャンプの話してくれた人の話はおもしろかっ

たです。 逆に黄色い服着てた人は反対派じゃないのと

か想像膨らませながらとても貴重な時間をすごせました

沖縄は、日本政府とアメリカと対話して今にいたります

何も、変わっていません。 でも、その方向性を国連や

国際法にむけて話してくれたので、すごい人だなーと思

って、今日の参加に踏み切りました。

本当にありがとうございました。

友達は、沖縄搾取経済の話しても半信半疑だったので

誘いました。(百聞は一見にしかず)でも帰り際でーじ

勉強なったーって言ってました。

時間があればゆんたく講座参加します。

今日は、本当にありがとうございました。 


Re: タイトルなし

先日は、ゆんたく講座に来て下さり、にーふぁいゆー。
お二人の質問に答えられず失礼しました。1月、2月に新しい本を出します。その本の中に独立後の経済を含む政策のことも書きましたので、お読みください。
お二人のような若い琉球人がこれからの琉球をつくっていく主体、主人公だとおもいます。チバリョータイ!ワイドー!

ご返信の内容は大変私を感動させましたので、本ブログの本文に転載したいのですが、いかがでしょうか。




> 沖縄人のゆんたく講座に参加した、黒いジャージのほうです。
>
> 今日は、ありがとうございました。
>
> 行く前に、メールしたほうが良かったですね。
>
> アウトローっぽい2人組みが来たのでびっくりさせたん
>
> じゃないかなって思って帰り際、場違いだったんじゃな
>
> いか、なーんて話していました。(笑)
>
> 大丈夫です。 生粋のウチナーンチュです。
>
> 私は、沖縄経済から見た独立論を話ししたかったのです
>
> が、独立を何を土台に独立するのかと言う話でへこまさ
>
> れました。 館長さんが言うそもそも復帰自体なんだっ
>
> たのか考えないといけないとか、もう、復帰後に生まれ
>
> た僕たちには話に入れません。 沖縄経済から始めよう
>
> としてた僕たちへのカウンターパンチでした。
>
> もちろんその後は、聞きに徹するしかありません。
>
> 私は、沖縄経済に強い自信がありましたが、シージャン
>
> チャーの意見聞いて、井の中の蛙状態です。
>
> とても、勉強になりました。
>
> 巨人軍 キャンプの話してくれた人の話はおもしろかっ
>
> たです。 逆に黄色い服着てた人は反対派じゃないのと
>
> か想像膨らませながらとても貴重な時間をすごせました
>
> 沖縄は、日本政府とアメリカと対話して今にいたります
>
> 何も、変わっていません。 でも、その方向性を国連や
>
> 国際法にむけて話してくれたので、すごい人だなーと思
>
> って、今日の参加に踏み切りました。
>
> 本当にありがとうございました。
>
> 友達は、沖縄搾取経済の話しても半信半疑だったので
>
> 誘いました。(百聞は一見にしかず)でも帰り際でーじ
>
> 勉強なったーって言ってました。
>
> 時間があればゆんたく講座参加します。
>
> 今日は、本当にありがとうございました。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP