FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「島の自然景観守れ」「条例を生かすのは私たち」島の未来シンポ準備委

2007年3月25日の八重山毎日新聞に「「島の自然景観守れ」「条例を生かすのは私たち」島の未来シンポ準備委」と題する記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

地域をつくるのは、優遇制度や補助金ではなく、一人ひとりの人間の自覚と行動だと思います。私の生まれ島である、石垣島では、いまの危機的状況に対して住民が声をあげ、仲間とともんに地域を自らの手でつくりあげようとしていると思います。





住民運動呼びかけ

本土資本などの開発に危機感を抱く市民有志で組織する「島の未来シンポ準備委員会」(新垣重雄共同代表)は24日夜、緊急市民集会を国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開いた。

「このままでは島が危ない」―。現行の法規制では乱開発抑制の手立てにならないとして、住民運動で島を守ろうと立ち上がったもの。

集会には70人余の市民が参加、「風景づくり条例に魂を入れるのは住民運動だ」「条例を生かすのは私たち」「法は許しても私が許さない信念が大事だ」「島人が声を大にして訴えよう」などと意見をぶつけた。

会場には集まった市民は地元民、移住者が半々。新垣代表は「地元住民と移住者の協働」を提唱、6月に予定している大規模なシンポジウムに向けて幅広い参集を促した。

 集会ではまず、準備委員会を代表して元村伝さん(32)が「開発の波を憂えているが、どう行動したらいいか分からず、共に作り上げていきたい」と呼びかけた。

 米原、元名蔵、吉原の開発計画の説明のあと、意見交換が行われ、次々と意見が出た。準備委の1人、比嘉晶子さん(34)は「私は内地嫁だが、この島はふるさと。何かせずにはいられない。法は許しても私が許さないという信念が大事。それが対抗する力になる」と声を震わせた。

 廃油ボールの回収ボランティアを通して「回収の現場には地元の方がいなかった。妙な構図を感じて参加するようになった」という男性は「島の人間としてまずいと思ってこの場に参加した」。

別の女性は「本土の人が多くなって住みづらくなっている。島の人が声を大にして言わないと」と声を張り上げた。

 明石から駆けつけた男性も「心も土地も売ってはいけないとずっと思っていた。これ以上、自然がなくなったら誰も来ないし、住んでいる人も誇りを失う」と静かに語りかけた。

市議会から大石行英、宮良操、中山義隆の3氏が出席し、「風景づくり条例を生かすも殺すも市民の取り組みだ。

住民運動が条例に魂を入れるものになる」(宮良氏)など市民運動の重要性を強調した。

スポンサーサイト



<< 「自然や景観が心配」85% 島の未来シンポアンケート結果 | ホーム | 島の未来シンポジウム〜どうする!島の景観・自然、どうなる!島人の心と文化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP