FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「自然や景観が心配」85% 島の未来シンポアンケート結果

昨年7月10日の『八重山毎日新聞』に「自然や景観が心配」85% 島の未来シンポアンケート結果」と題する記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

開発に危機感もち、自らの手で島を守りたいと考えている人が多くいることがわかります。このような住民の危機感を行政が真摯に聞いて、ともに島づくりを進めていくことが求められているように思います。




93%が開発に危機感

6月24日の「緊急、島の未来シンポジウム」を開催した実行委員会は9日までに、来場者を対象に行ったアンケート結果をまとめた。

 島の現状について70%が「問題が多い」と感じ、85%が島の自然や景観について「変わりすぎてとても心配」と回答した。

 回答者数は89人で、来場者の40%前後。内訳は地元43人、本土31人。アンケートは質問8項目について4択から選ぶ方式で行った。

観光客が増えている現状には52%が「今の程度でよい」と現状維持を望んだ。「もっと増えてよい」が7%に対し「減ってほしい」と思っている人が33%もいた。

移住者の増加についても55%が「好ましいとは思わない」と回答した。

 島の自然や景観を守る活動について「積極的に参加したい」「たまには参加したい」を合わせると94%と高くなった。

 リゾート開発計画については「ある程度規制すべき」35%、「これ以上の開発は反対」63%、大規模宅地造成計画でも「自然や景観を壊すなら反対」93%と高くなるなど、開発に危機感を感じてシンポに参加した実態が浮き彫りとなった。

スポンサーサイト



<< 三木健さんによる『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』の書評 | ホーム | 「島の自然景観守れ」「条例を生かすのは私たち」島の未来シンポ準備委 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP