FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間問題未解決の責任はだれにあるのか

12月21日の琉球朝日放送の番組です。

普天間問題は未解決のまま16年目に入りました。昨年、琉球にやってきた招かざる客の発言、行動を見ても、その責任は日本政府、米政府にあることが分かります。琉球にやってきた日本政治家の発言は、人を見下し、空虚で、傲慢で、内容の無いものばかりであり、植民地支配を示す発言をして、琉球人からさらなる反感を生んだだけでした。

現在の野田政権も、普天間基地問題を解決できる能力がないといえます。




被災地で救援活動にあたる海兵隊員たち。友好ムードを演出し、「トモダチ」との印象を全面に打ち出しましたが、一方、でアメリカ軍は自分たちの計画を着々と進めていました。6月、沖縄防衛局が県や宜野湾市に送った一枚のファックス。


沖縄防衛局が送ったファックス:防衛本省から米国政府がMV22オスプレイ配備に関連し、以下の趣旨の発表をしたとの情報を得ましたのでお知らせいたします。海兵隊は、軍全体でCH46を段階的に減らしMV22に換装するプロセスにある。

防衛省は、開発段階から事故が相次いでいるとして反対が強い輸送機・オスプレイの配備をたった一枚のファックスで地元に知らせたのです。そんな対米重視の姿勢は、あらゆる場面で見られました。

北沢元防衛大臣「日本とすれば、騒音、その他、色々勘案した結果、V字形で調整したいと。」

6月には、辺野古にV字形の滑走路を建設するという計画でアメリカと合意。

仲井真知事「県外をお願いしたいと、あれから1年、強くお願いしていた。残念ながらまた、辺野古に戻るというのは極めて遺憾であると。」


菅元総理「今申し上げているやり方以外では、決まらないという状況に戻ってしまうのではないかということで。」

沖縄と政府の意見はかみ合わないままでしたが、政権は菅総理から野田総理へ。辺野古移設を推し進めようとする大臣たちの沖縄への説得が始まりました。


玄葉外務大臣「とにかく踏んでも踏まれても、蹴られても誠心誠意、沖縄の皆さんと向き合っていくというのが、大変大事なことだと思います。」

続く閣僚たちの沖縄詣で。この前後には、こんな人たちの沖縄入りも相次ぎました。

前原前外務大臣「仮にどの政党が与党になろうとも、普天間基地の移設先は、日米合意に基づいて国益、安全保障、防衛という観点から揺るぎなくやっていくんだと。」

島袋前名護市長「もうあと一歩のところだったんですが、また振り出しに戻るような格好で、引き続き精力的に先生方にご協力いただき、一日も早く進めていただきたいと思います。」


超党派の議員連盟で名護市を訪れた前原前外務大臣。現職の稲嶺市長が基地建設に反対する中、移設容認派の前の市長たちと会談したのです。またこの人の姿も。辺野古区の容認派たちと会食するのは北沢前防衛大臣。改めて、容認派と政権との密接な関係をアピールしました。

公式に非公式にみられる辺野古移設を進めようという動き。しかし、着々と布石を打つ民主党政権に冷や水を浴びせるような出来事も相次ぎました。

「沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人。」  


この発言でアメリカ国務省の日本部長を更迭されたのは辺野古移設の旗振り役の1人・ケビン・メア前沖縄総領事。しかし失言は彼だけに留まらず、年末には、沖縄防衛局の田中局長が女性への暴力をにおわす不適切な発言をしたとして更迭に。さらに防衛省のトップである一川防衛大臣も。

佐藤正久議員「大臣そもそも、基本中の基本である95年の米軍による暴行事件をご存じですか?」一川防衛大臣「中身と言われても正確な中を詳細に知ってはおりませんけど。」


95年のアメリカ兵による暴行事件について「詳細を知らない」と述べ、参議院で問責決議が可決されたのです。

また問題はアメリカからも。日米両政府が辺野古移設とパッケージだと主張してきた海兵隊のグアム移転について、アメリカ議会上下両院はその費用を全額削除することを可決。米軍再編のパッケージはアメリカから崩されたのです。

辺野古移設に前のめりになる民主党政権。その一方で生じる誤算。しかし政府は、週明けにも環境影響評価書を沖縄県に提出する方向で調整しています。


与世田副知事「実務的な観点から言うと、ちょっと問題のある時期かと。私どもに検討の時間を与えないという悪意が潜んでいるのかと疑いたくなるような、そういう感じがしますよね。」

何とか計画を進めようとする政府。深まる県との溝。普天間問題は16年目に持ちこされます。
スポンサーサイト



<< 「住民に対する配慮というものがこれっぽっちもないわけですよ」 | ホーム | 招かざる客の琉球への来襲による植民地支配の強化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP