FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「住民に対する配慮というものがこれっぽっちもないわけですよ」

12月23日の琉球朝日放送の番組です。

「住民に対する配慮というものがこれっぽっちもないわけですよ」というのが、基地の爆音に苦しむ琉球人の声です。このようなことをいつまでも琉球人に言わせる日本国とは何でしょうか。

昨年、2万2058人が原告となって、第三次嘉手納爆音訴訟が提訴されました。普天間基地の嘉手納統合案を主張する政治家は、嘉手納基地周辺に住み、住民の声を聞いて発言すべきです。





普天間基地の移設に向けたアセス評価書の提出など、年内にまだまだ動きがありそうですが、今年は様々な大臣が沖縄入りしました。

現職大臣の来県回数は実に15回。一気にお見せしましょう!

【88.9%+α】


今年のテレビを語る上で外せないのが、「地デジ化」です。QABでも、地デジカが県内各地を回って皆さんに切り替えをお願いしました。

去年暮れの普及率が88.9%。デジサポ沖縄の相談件数は、一日平均3件まで減っていて、ほぼすべてのご家庭で切り替えが終了したようです。ご協力ありがとうございました。

【22058】


「住民に対する配慮というものがこれっぽっちもないわけですよ」

4月28日。2万2058人が原告となって、第三次嘉手納爆音訴訟が提訴されました。

嘉手納高校2年生・又吉姫香さん「静かな生活を取り戻すために証言台に立ちました。皆さん、一緒にがんばりましょう」

彼女の願いが叶うのは、いつになるのでしょうか。

【5億464万7857】


3月11日の震災から9ヵ月余り。今年の漢字にも選ばれた、まさに「絆」が日本列島を結びました。沖縄県に寄せられた義援金の総額は5億464万7857円。大半がすでに被災地に送られています。県の義援金受付は、今月30日で終了します。

【37】


公式発見から30年の記念すべき年。しかし、ヤンバルクイナが車にひかれる事故は、過去最多の37件発生しました。

福田真さん「道路に出てくるヤンバルクイナが年々増えていると。なぜ道路に出てくるかというと、道路際の側溝に溜まった落ち葉にミミズが出てきますので、その発生したミミズを食べにヤンバルクイナが道路際に出てくる」

今年7月に事故に遭ったオスのヤンバルクイナです。発見時は死んでいると思われましたが、実は気を失っているだけ。素早い通報のおかげで、およそ2週間後には森に帰ることができました。

しかし、無事に野生に帰ることができるのはごく少数です。事故に遭った37羽のうち、29羽が死に、放鳥されたのは5羽だけです。

獣医・長嶺さん「これは7月、7月に交通事故に遭って、背骨をやってしまってですね。まだ自分でこうやって支えられない」

リハビリのおかげで少しずつ回復してはいますが、歩けるようになるまで、1~2年はかかるとみられています。

獣医・長嶺さん「命は助かっても、こういうリハビリになってしまうケースが多々ありますね。時間がかかります。まぁ生きてるだけでもすごいことではあるんですけど、事故が起こったというニュースの裏ではこういう個体たちがたくさんいるということですね」

ヤンバルクイナにとっては、まさに受難の1年でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今年もみなさんに聞きました!あなたにとっての、今年の漢字。まずはこの方からです。


クイナ保護官福田さん【耐】「いろんな物事には山があったり谷があったりするんですけど、今ちょうど平らな部分で、なかなか先が見えないですけど、地道に、交通事故対策もそうですけど、地道に続けていく時なのかなと」

名護・22歳女性【楽】「一年とっても楽しくて、いい年だったので(具体的には何がありました?)学校も卒業して、仕事にもつけて、友達ともいろいろ遊べて充実してたんで」

名護・25歳男性【新】「今年は3月に未曾有の大震災がありましてですね、これまで普通に生活してたことを見直す発見ができて、新しい考え方を持てたなということで、『新』という漢字を選びました」

国際通り・44歳男性【災】「震災とかがありましたし、いろんな意味で苦労が多かった年かなという風に思いますんで、逆に来年は難を逃れて楽しい年になればいいなと思います」

国際通り・58歳女性【幸】「息子が5月に結婚したんです。教師として今大阪で頑張っております」「来年は、今も健康ではあるんですけど、より健康第一で仕事に頑張りたいです」

みなさん、今年も1年間ご覧いただきありがとうございました。2012年を、「災」転じて「福」の年とするために。すべては、「ここから」です!
スポンサーサイト



<< 不備だらけの環境影響評価書 | ホーム | 普天間問題未解決の責任はだれにあるのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP