FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不備だらけの環境影響評価書

1月9日の琉球新報の記事です。

高嶺議長は、昨年12月、グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長と3時間近く会談して下さいました。私も通訳として同席しました。高嶺議長は、グアムの脱植民地化、脱軍事基地化運動と琉球が連帯する必要性を主張し、国連における琉球人の脱植民地化活動にも関心を示して下さいました。

県議会議長の評価書に対する発言は意味は大きく、日本政府もしっかりのこの声を受け止めるべきです。

世界的に見ても恥ずかしい不備だらけの評価書です。





高嶺善伸県議会議長は8日、報道により全容が判明した米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書について「希少生物、保護すべき自然環境への影響、実態が全く把握されてない。

知事、住民の意見に対しても的確な回答がなく、不備だらけの評価書だ」と指摘。

「自然保護への関心が高まる中、世界的な評価に耐えられない。辺野古移設を前提とした評価書だ」と述べ、事業推進ありきの政府の姿勢を強く批判した。

 評価書を強行提出した政府の対応について、「県知事はじめ名護市長、県議会も県外移設を求める中、国が評価書を提出すること自体に矛盾を感じる」と疑問を呈した。

その上で「県知事は政府に対して県外移設を突き付ける立場で評価書を精査し、国に埋め立て申請を断念させるような意見書を提出すべきだ」と述べ、知事の意見書への対応に注文を付けた。

 今後、県議会でも評価書を入手して精査する考えも示した。

 「これまでのアセス手続きで明記されなかったオスプレイ(垂直離着陸輸送機MV22)の配備による影響や、ジュゴンの生態調査の内容にも疑問が残り、全く評価書として体を成していない」と指摘した。


スポンサーサイト



<< 奄美大島から久岡学氏が龍谷大に来られ、講義をします | ホーム | 「住民に対する配慮というものがこれっぽっちもないわけですよ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP