FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

三木健さんによる『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』の書評

本日の『琉球新報』に三木健さんによる、拙書『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年の書評が掲載されましたので、ご紹介します。

三木さんが琉球新報で働いておられた頃から、八重山諸島、太平洋諸島について色々と学び、励まされてきました。特に昨年、石垣島で行われたシンポジウムでは大変お世話になりました。

石垣島の先輩にこのような書評を書いて頂き、うれしく、感謝申し上げます。





本書は島嶼経済論を専攻する著者が、ミクロネシアの歴史や直面する課題について、まとめたものだ。といっても通り一遍の歴史書でも経済論でもない。

サブタイトルにあるように、太平洋に散在する小さな島々が大国の支配と抑圧に抗して、自立への挑戦をしてきた姿を浮き彫りにしたものである。

 先に『琉球の「自治」』で、沖縄の自立を論じた著者ならではの問題意識に貫かれた著作である。

本書を読んで、あらためてミクロネシアと沖縄が、植民地、戦場、米軍統治、軍事支配という歴史を共有しているのみならず、今日直面している軍事基地や援助依存経済からの脱却、つまり自立や独立といった共通の課題を抱えていることを知らされる。

 本書は1章・「ミクロネシア」の誕生、2章・日本統治下のミクロネシア、3章・鉄の暴風が吹き荒れた島々、4章・戦後ミクロネシアとアメリカ・日本、5章・独立後のミクロネシア、6章・グローバリズムのなかのミクロネシアの6章から成る。

いずれの章にもグアムやパラオで3年間生活し、島人と接した体験と、沖縄で生を受けた経済学者としての視点がある。

 かつて私もこれらの島々を取材したことがあるが、問題の本質は前も今も変わってはいない。

この時の取材経験から、沖縄も文化的には太平洋文化圏の一つではないか、として沖縄を「オキネシア」と呼んだことがあるが、本書を読むと島々の課題の共通性に、今更ながら気づかされる。

とりわけ太平洋を「アメリカの湖」とする米国の軍事支配と、援助によるくびきは依然として変わらない。

 しかし、独立を遂げたパラオのように、大国・アメリカの圧力をはね返して「非核憲法」を制定したり、パラオ人企業を保護し、外国人による土地所有を禁じたりと、島人の意識は変わりつつある。

著者はこれを「小国が世界経済のなかで生きていくための方法」ととらえ、独自の市民社会を基盤にした内発的発展に、問題解決の道を求めている。

こうしたミクロネシアの生き方は成功や失敗も含めて、沖縄の私たちが学ばなければならないことである。本書はその最も良き手引となろう。

スポンサーサイト



<< 市民網らし、新たな組織に「緊急、島の未来シンポ」 | ホーム | 「自然や景観が心配」85% 島の未来シンポアンケート結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP