FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

加計呂麻島のバス

11月12日の南海日日新聞の記事です。以前、テレビで加計呂麻島のバスの番組をみて涙したことがあります。島のバスは島人同士の触れ合いの場であり、島人によって支えられ、期待されているというのが伝わってきた番組でした。学生にも見せたことがあり、強い印象を残したようです。

集中豪雨の影響が加計呂麻島のバスの運行にもあり、豪雨の爪痕の大きさが改めて分かりました。



奄美大島南部豪雨災害から7日目の8日にやっと孤立状態が解消された加計呂麻島の嘉入、須子茂、阿多地の3集落。

9日から林道実久線を使い、バス(瀬相―阿多地―須子茂―嘉入)の運行も再開された。しかし、バスの通常路線復旧のめどが立たない中、定期船が発着する瀬相港までは往復2時間の悪路を通らなければならず、住民は通院、通学、買い物などでしばらく不便な生活を強いられそうだ。

 島内各集落を結ぶ加計呂麻バス(林範孝社長)は、通常片道30分だった同路線を現在は島の西側を約半周する林道を通り、約1時間かけて運行している。燃料費削減のため、乗客には薩川集落で小型バスに乗り継いでもらう。

道路は所々に崖崩れが残り、車1台がやっと通れるほどの悪路で、「運転する側も大変だが、乗る方も大変」(同バス会社職員)。しかし移動手段を持たない特に高齢者世帯の重要な「足」としての重責を担い、職員らは安全運行、ダイヤの調整に連日奮闘している。

 林社長(64)は「これまでバスを4日も運休させたのは初めて。多くの島民から再開を願う電話をいただき、職員一同、食料や生活物資も運んでいるバスの役割をしみじみと感じている。頼りにしてくださる島民がいる限り、どんなことをしてでも“島民の足”を確保したい」と力を込めた。

 児童、生徒の通学も保護者に大きな負担となっている。3集落からは古仁屋高校に2人、俵中学校に5人、俵小学校に1人の児童、生徒がいるが、小中学生は保護者が車で送迎。高校生は保護者が自宅からの通学は困難と判断し、古仁屋の親戚宅から通学させている。

 須子茂の茂村ゆかりさんは、自身も片道1時間の通勤に加えて高校生の長女を預け、中学生の次男を送迎する日々。「毎日が本当に大変。災害以降、長女は一度しか帰ってきていない。かわいそうだが、頑張らせるしかない。一日でも早く道路を復旧させてほしい」と疲れた表情だった。
スポンサーサイト



<< ヤマト資本が琉球経済を支配していく | ホーム | 奄美大島から久岡学氏が龍谷大に来られ、講義をします >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP