FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤマト資本が琉球経済を支配していく

1月13日の沖縄タイムスの記事です。ヤマト資本がどんどん琉球経済を支配していきます。琉球のバスもヤマトの会社の支配下にはいりました。観光業、情報通信業、建設業、ビール、バスなど、琉球の経済植民地化がどんどん進んでいきます。それでいいのかと私は思います。





北九州市を本拠地とし県内でもバス・タクシー、不動産事業を展開する第一交通産業(田中亮一郎社長)は12日、那覇市泉崎のバスターミナルを運営する那覇バスターミナルの全株式を取得したと発表した。同社は、ターミナルの建物とともに、土地の約3割も取得。ターミナル一帯は旭橋周辺の再開発事業の計画があるが、事業着手が遅れている。

同社は「ターミナル機能を継続しながら、地権者として再開発事業に協力していきたい」と前向きな姿勢を示している。

 同社の協力姿勢に、県や旭橋都市再開発など事業関係者は「協力的な地権者の意向もうかがいながら、早期着工を目指していきたい」としている。

 第一交通は、東京の不動産業のリッシ(坂田雄一代表)からターミナル株2万株を取得し、完全子会社化。第一交通副社長の大塚泉氏が新代表に就いた。取得金額は明らかにしていない。2階建てのターミナルビル(3191平方メートル)も所有する。

 さらにターミナルの土地約1万3000平方メートルのうち、県所有分以外の約3845平方メートルも取得した。土地は不動産関連事業のランド(東京)が所有していたが、同社向け債権を保有する沖縄海邦銀行が回収困難として土地を競売にかけた。第一交通は海銀から債権を買い取り、土地も競落した。

 第一交通は、県内バス4社のうち那覇バスと琉球バスを運営し、タクシー事業も幅広く展開。不動産事業ではマンション開発をはじめ、旭橋再開発事業で南地区の開発に参画した実績もある。同社は「バスターミナルを取得することで、これまで長年動かなかった再開発を進めることが可能になる」としている。

 再開発では、ターミナル機能を維持するとともに、商業・オフィスを含めた複合施設の開発が計画されている。しかし、従来の地権者やターミナルを利用するバス各社など関係者の合意がまとまらず遅れていた。

スポンサーサイト



<< 琉球の意思を無視続ける防衛大臣 | ホーム | 加計呂麻島のバス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP