FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連を通じて琉球問題の解決を!

1月16日の琉球新報の記事です。

1996年に私が国連欧州本部に行った際に反差別国際運動の田中さんのお世話を受けました。大変感謝しております。

昨年、国連本部に行き、脱植民地化特別委員会で報告し、発言してきました。琉球人は国連、国際NGOをもっと活用して、国際法により琉球の脱植民地化をもっともっと進めるべきだと思います。





国連機関を通して世界各地で差別をなくすよう訴えている国際NGO「反差別国際運動」(IMADR)職員の白根大輔さん(30)が15日、普天間飛行場代替基地の建設が計画されている名護市辺野古と、ヘリパッド建設が計画されている東村高江を視察した。基地建設に反対する市民らの説明を聞いた。

 IMADRは国連の諸会議に参加する資格を持つ国連本部認定NGO。白根さんは14日から普天間、嘉手納両飛行場などを訪れ、NGO琉球弧の先住民族会との学習会にも参加した。

 白根さんは、高江で市民らに対し「2月に開かれる国連人種差別撤廃委員会の早期警戒緊急措置手続きが活用できる」と助言した。

同措置は問題が起きている国に情報提供を要請し、場合によって是正を求める勧告を出す。勧告に法的拘束力はないが、日本政府と国際社会双方に対し強いPRになるという。

 白根さんは「国連全加盟国が対象のUPR(普遍的定期審査)で10月に日本が審査対象になる。沖縄からの働き掛けが重要だ。子ども、女性の権利などに関する複数の条約機関でも勧告が出ればさらにインパクトは大きい」

と強調。沖縄の基地について「地元の人への重圧は実際に見てみないと分からなかった。事件、事故があっても裁かれない状況は国際社会から見ても不当で、異常だ。国連でももっと注目されるべきだ」と話した。


スポンサーサイト



<< 嘉手納統合案を民主党県連はどう考えるのか | ホーム | 琉球の意思を無視続ける防衛大臣 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP