FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

嘉手納統合案を民主党県連はどう考えるのか

1月17日の沖縄タイムスの記事です。


喜納さんは、琉球人の基地被害を本当に自分のこととして考えているのだろうか。政治的な取引材料としてしか考えていないのではないか。民主党県連も「個人的発言」とだけいってはすまされない問題です。県連代表代行という立場での発言なのです。民主党県連としの立場をもっと明確に琉球人に示すべきです。



 【中部】民主党県連の喜納昌吉代表代行が普天間飛行場の嘉手納基地統合案を提案し、野田佳彦首相が「選択肢の一つ」と答えたことに対し、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)の首長は16日、一斉に反発した。當山宏嘉手納町長は「とんでもない話。首相も喜納氏も、何を言っているのか分かっているのか。いいかげんにしてくれ」と厳しく指摘した。

 當山町長は「戦後67年、町民は一方的に安保の負担を押し付けられている。基地被害を知らんぷりしておいて、政府がさらに普天間を押し付けようとするのは絶対に許さない」と批判。「辺野古が駄目なら嘉手納という単純な発想は、被害の現状を認識していない証拠だ。分かっていて統合を強行するなら、嘉手納基地の存在そのものに対する町民の反発は極めて高くなるだろう」と警告した。

 三連協会長の東門美津子沖縄市長は「野田首相や喜納氏が嘉手納統合案を認めても、県民は絶対に県内移設は許さない」と強調。その上で「三連協は一貫して統合案に反対。沖縄はすでに過重な基地負担をしている。日米両政府が国内で海兵隊の戦力を必要としているのならば、普天間は県外移設するべきだ」と語った。

方針転換 県連は否定
個人的提案と民主代表

 民主党県連の喜納昌吉代表代行が野田佳彦首相に米軍普天間飛行場の嘉手納統合案を提案したことを受け、県連の新垣安弘代表は16日、県連として県外・国外移設を求める方針に変わりがないことを強調した。

 新垣代表は県連の政策である県外・国外移設について「県連として方針を転換したわけではない」と説明。喜納氏の提案については「喜納代表代行の個人としての提案だと思う。喜納氏が沖縄に戻り次第、真意を確認したい」と述べた。

 一方、喜納氏は首相との会談後、沖縄タイムスの取材に「県外移設が実現するまでの間の危険性除去策の一つとして(嘉手納統合案を)提案した。嘉手納基地の負担を今より減らすことが前提であり、地域住民の負担が増すことがあってはならない。最終的には県民の判断を尊重する」と述べた。

スポンサーサイト



<< 今日、久岡さんの講義、講演があります | ホーム | 国連を通じて琉球問題の解決を! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP