FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

久岡学さんのお話:内発的発展の主体は人間である

昨日、私の地域経済論の授業、そして龍谷大学社会科学研究所松島グループ研究班による研究会において、久岡学さんが奄美諸島における経済的課題、そして内発的発展の事例について離されました。学部学生からの関心も高く、奄美諸島の経済自律に対する自らの提案をリアクションペーパーに書き、奄美諸島に行きたいかと挙手をもとめたところ、多くの学生さんが手をあげてくれました。久岡さんも喜んでおられました。

奄美諸島では人口の減少、高齢化社会の進展、大島紬産業の衰退等の課題を抱えています。奄美諸島にも、奄振がありますが、沖縄県の沖縄振興に比べて、金額、優遇措置措置も少ないという状況にあります。

しかし、奄美人の若い方々、あまみFMの麓さん、ITによる島おこしをしている前田さん、そして泥染めをしている山元さんの事例を具体的に、情熱をこめて話して下さいました。

厳しい状況の中に負けることなく、くじけることなく、創意工夫して島の自律を切り開いている人が奄美諸島におり、このような人々とともに他の奄美諸島の人も影響をうけて、内発的発展の輪が広がっているという話を伺いました。

久岡さんも、南海日日新聞という奄美諸島の新聞記者として、内発的発展の実践を島内外の人に紹介し、その意味を分析し、情熱をもって伝えることで、内発的発展を広げているという意味で、内発的発展のリーダーの一人だと思いました。

内発的発展が成功するのは、金が多いかどうか、公共事業が多いかどうかではなく、人の存在、役割、活動、信念であると、改めて確信しました。

沖縄県が多額の一括交付金を国からもらって喜んでいる場合ではないと思います。琉球の自治、内発的発展は、一人ひとりの琉球人の自覚、行動が不可欠であることを、奄美諸島の方々から学びました。

研究会の後、交流会をし、研究会参加者がそれぞれの立場でどのように久岡さんの話を聞いたのかなどを議論しました。雨降る夜でしたが、心身は熱く、勇気を奮い立たせるような時を過ごすことができました。
スポンサーサイト



<< 奄美ICTの前田守さんの挑戦 | ホーム | 今日、久岡さんの講義、講演があります >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP