FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美ICTの前田守さんの挑戦

第2回ゆいまーる琉球の自治の集いが奄美大島の宇検村で開かれ、その際、やっちゃばで働いておられた前田守さんが、インターネットを活用した果物の販売について報告して下さいました。

先日の久岡さんのお話で、前田さんが奄美ICTという会社を立ち上げ、がんばっているという話を伺いました。
さっそくホームページを見てみると、13人の社員さんといっしょに多方面で奄美の経済的自律を切り開いている姿をみることができました。前田さんのブログのタイトルとして「奄美でもできる。奄美だからこそできる道がある」という言葉が目に飛び込んできました。

http://e-amami.com/

http://drmaeda.exblog.jp/

何ができないのかを数えるのではなく、島でできること、島だからこそできることを見つけ、それを実現していることが島の内発的発展には大変、重要であることが分かります。

同社のHPには次のような会社の業務内容が記載されています。

「奄美大島でホームページを制作するなら、奄美ICT株式会社にお任せください。
経験豊富なスタッフが、奄美ならではのサイト制作、業務システム開発、WEBシステム構築を中心に実践に即したICT人材育成も行っています。」

沖縄県も失業率が高く、仕事がないとよく言われ、ヤマトからの企業誘致を求め、開発をしてきました。貴重な自然を壊してヤマト企業を誘致するのではなく、自分で島の会社をつくり、仕事をつくっていく、前田さんのような人がふえることが、琉球の内発的発展を実現する王道であると思います。

チバリョー、前田さん!
スポンサーサイト



<< 『琉球独立への道ー植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』が手元に届きました | ホーム | 久岡学さんのお話:内発的発展の主体は人間である >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP