FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立への道ー植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』が手元に届きました

昨日、『琉球独立への道ー植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』が手元に届きました。
妻と出版を祝うとともに、今後予想される論争に対して気を引き締めて、琉球人の自己決定への決意を新たにしました。


本の帯には次のように書かれています。
「独立論を新たな地平へ誘う
小国における脱植民地化過程の比較・実証研究をふまえ、琉球(沖縄)の政治経済的な独立の可能性を探求する。琉球の独立を文化・思想面からだけでなく包括的かつ具体的に再検討し、実現可能なロードマップと将来像を提案する」

来週には店頭に並ぶと思いますが、アマゾンでも購入できます。お読み下さるようお願いします。

http://www.amazon.co.jp/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93-%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AB%E6%8A%97%E3%81%86%E7%90%89%E7%90%83%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0-%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E6%B3%B0%E5%8B%9D/dp/4589033941/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1327179635&sr=1-2

琉球独立への道

263頁/予価2800円(税別)

本書は琉球独立論の系譜の一つに属するが、これ
までの独立論と違う。

太平洋諸島、南アジア諸国、
スコットランド等の世界における脱植民地化の過程
を検討し、国際法に基づく琉球人の自己決定権の行
使の可能性を考え、琉球がネイションであることを
論証し、これまでの琉球自治論の限界を指摘したう
えで、独立後の構想を提示した。

 本書の特徴は、独立論を文化、思想だけでなく、
他の植民地や非同盟諸国との比較を通じて政治経
済的にも琉球における独立の可能性を検討し、また
国際法や国連を通じた脱植民地化・独立に向けた活
動や脱植民地化のための具体例について論じ、日本
国憲法そして日本に期待しない、依存しないための
自治・自立・独立の系譜を再検討した上で新たな将
来像を提案したことにある。

 はじめに
第1章 琉球コロニアリズムの歴史
1 植民地としての琉球
2 琉球におけるコロニアリズムの歴史
3 琉球の開発とコロニアリズム
4 軍事植民地としての琉球

第2章 太平洋島嶼国・地域の脱植民地化と琉球
1 琉球と太平洋諸島との関係
2 太平洋諸島の独立
3 ハワイの脱植民地化運動
4 ニューカレドニアと仏領ポリネシアの独立運動
5 グァムの脱植民地化運動

第3章 南アジア地域とスコットランドの独立と琉球
1 南アジア地域の独立
2 南アジア地域と太平洋諸島の独立過程の比較
3 イギリスからの独立を目指すスコットランド

第4章 国連と琉球
1 人民の自己決定権行使による琉球の脱植民地化
2 琉球人の自己決定権と国際法

第5章 琉球ナショナリズムの形成
1 琉球とエスニック共同体、ネイション、ナショナリズム
2 琉球ナショナリズムの形成
   ―琉球独立運動の課題と可能性
3 「2・1決議」の意味
   ―国際法と琉球ナショナリズム

第6章 「琉球自治論」の批判的検討
1 日本国頼みの自治論の何が問題か
2 「本土並み自治論」からの脱却

第7章 琉球自治共和国連邦の将来像
1 なぜ琉球は独立を求めるのか
2 琉球独立のための前提条件
3 琉球自治共和国連邦の将来像



●著者プロフィール●
まつしま やすかつ

1963年琉球・石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島
にて育つ。那覇高校、早稲田大学政経学部卒業後、早稲田大学大
学院経済学研究科博士課程単位取得。博士(経済学)在ハガッ
ニャ(グァム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門
調査員として勤務。東海大学海洋学部准教授を経て、現在、龍谷
大学経済学部教授、NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表。

単著として『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、
2002年、『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、『ミクロネシア―小さ
な島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年がある。編著と
して西川潤・松島泰勝・本浜秀彦編『島嶼沖縄の内発的発展―経
済・社会・文化』藤原書店、2010年がある。

スポンサーサイト



<< 王国時代の琉球人の自治力 | ホーム | 奄美ICTの前田守さんの挑戦 >>


コメント

私も予約注文しました!!

この前は、電話で応接して頂き、ありがとうございました。

東京にお越しの際には、連絡頂ければ、沖縄の若い衆の活躍を紹介出来ると思います。


国内のみならず、人種国籍を問わず、積極的に多く外国人の意見を取り入れ、実り多い議論、啓発を期待します。

独りよがりや自分達の意見だけでは、決して進歩発展しません!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 私も予約注文しました!!

> この前は、電話で応接して頂き、ありがとうございました。
>
> 東京にお越しの際には、連絡頂ければ、沖縄の若い衆の活躍を紹介出来ると思います。
>
>
> 国内のみならず、人種国籍を問わず、積極的に多く外国人の意見を取り入れ、実り多い議論、啓発を期待します。
>
> 独りよがりや自分達の意見だけでは、決して進歩発展しません!
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 私も予約注文しました!!

琉球人さん、拙書のご予約感謝します。
東京に参る際には、どうぞよろしくお願いします。




> この前は、電話で応接して頂き、ありがとうございました。
>
> 東京にお越しの際には、連絡頂ければ、沖縄の若い衆の活躍を紹介出来ると思います。
>
>
> 国内のみならず、人種国籍を問わず、積極的に多く外国人の意見を取り入れ、実り多い議論、啓発を期待します。
>
> 独りよがりや自分達の意見だけでは、決して進歩発展しません!
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

敵との論争は労力の無駄だ。現実的独立思想が広く定着することが大事。

お忙しい中ご執筆ご苦労様です。

敵から陰湿な論難が予想されますが淡々と思想・構想を紹介してほしいです。

敵との論争は労力の無駄。

まじめな琉球独立の議論が内側で広く進化してゆくこと定着することが大事でしょう。



「中国の手先」「土人」「非国民」

最近のインターネット上でのネトウヨ(日本民族の暗い本音の表出)の米に不逞な琉球民族への罵詈雑言は加熱してますね(笑)

日本民族・迎合者は精神異常者ですね。

敵・反動との論争は労力の無駄。



琉球民族の利益は琉球民族のみが知ってます。


Re: 敵との論争は労力の無駄だ。現実的独立思想が広く定着することが大事。

貴重な、暖かいお言葉、感謝します。にーふぁいゆー!




> お忙しい中ご執筆ご苦労様です。
>
> 敵から陰湿な論難が予想されますが淡々と思想・構想を紹介してほしいです。
>
> 敵との論争は労力の無駄。
>
> まじめな琉球独立の議論が内側で広く進化してゆくこと定着することが大事でしょう。
>
>
>
> 「中国の手先」「土人」「非国民」
>
> 最近のインターネット上でのネトウヨ(日本民族の暗い本音の表出)の米に不逞な琉球民族への罵詈雑言は加熱してますね(笑)
>
> 日本民族・迎合者は精神異常者ですね。
>
> 敵・反動との論争は労力の無駄。
>
>
>
> 琉球民族の利益は琉球民族のみが知ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP