FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

市民網らし、新たな組織に「緊急、島の未来シンポ」

昨年7月22日の八重山毎日新聞に「市民網らし、新たな組織に「緊急、島の未来シンポ」と
題する記事が掲載されましたので、ご紹介します。

石垣島の各村や新旧住民の境を越えて、島の未来について本音で考え行動する組織が住民自身の手でつくられました。高齢者から若者を含めて、島を愛する住民が協力して、住みよい島をつくり始めたといえます。




「緊急、島の未来シンポジウム」(6月24日)を開催した同実行委員会はシンポの成果を今後の活動に反映させようと21日、島の未来懇談会を文化会館で開催した。

同実行委を発展解消し、広く一般市民を網らした組織づくりを進めていくことを確認、新たな組織として「島の未来を考える島民会議」(案)を提案した。

当面の活動として、吉原地区で計画されている7階建てマンション計画について風景計画に適合する取り組みを展開する予定だ。

懇談会には約30人が参加、シンポで行ったアンケート結果を報告したあと意見交換した。入島税の導入を求める意見や農地転用が開発を促進しているとの批判があった。吉原地区のマンション計画については「これを認めると風景条例が骨抜きになる」と懸念が示された。

 同実行委は当面の行動としてマンション計画について意見表明や公開質問などを通して、風景計画や風景づくり条例に適合するよう取り組んでいくことにしている。

今後の組織について共同代表の1人、新垣重雄氏は「島の豊かさとは何か。島の未来について提案し、行動する組織としたい」と説明。若い世代も対象に広く市民が参加できるような組織を目指す。

 島の未来というテーマが広範囲に及ぶため、新垣氏は「まちづくりについて問題ごとにワークショップをつくって議論し、それから全体として議論できるような形にしたい」と述べ、専門部会を設けて議論していく考えを示した。

スポンサーサイト



<< まず「吉原のマンション」に重点 「島の未来・島民会議」が発足 | ホーム | 三木健さんによる『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』の書評 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP