FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いい正月でーびる

1月23日の沖縄タイムスの記事です。


昨日は旧正月でした。FBやメールで琉球諸語で新年の挨拶の輪に入らせていただきました。正月用の料理を作ったり、ユタに祈祷してもらった方々もいました。また旧正月用の年賀状の頂きました。にーふぁいゆー。旧正月は、古い正月ではなく、琉球が日本に征服するまでほとんどの琉球人が祝っていた正月であり、琉球人の伝統、生活スタイルを今に引き継ぐものの一つだと言えます。旧正月を大切にしたいと改めて思いました。





【糸満】23日は旧暦1月1日の旧正月。トゥシヌユールー(大みそか)に当たる22日、旧暦文化が色濃く残る糸満市の中央市場では、朝早くから正月用の食材や切り花などを買い求める市民らでにぎわった。

 大型スーパー進出などの影響で近年、市場への客足は遠のいているというがこの日は、新年には欠かせないしめ縄や切り花、豚肉やかまぼこなどを買い求める客が多く訪れ、市場周辺は活気づいた。

 糸満で生まれ育ち、幼少から市場で手伝いをしているという松本勝子さん(63)は、「新暦で正月を祝う家庭が増え客も減っている。でも市場でしか手に入らないものもたくさんあるよ」とそろばんをはじき、鏡もちを売りさばいた。

 天ぷらや菓子などを買い求めた上原エミ子さん(65)は「やっぱり旧正を祝う伝統は大切にしたい。帰って正月の準備です」と家路を急いだ。

スポンサーサイト



<< 『琉球独立への道』の表紙写真と書評 | ホーム | 王国時代の琉球人の自治力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP