FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立への道』の表紙写真と書評

龍谷大学大学院経済学研究科民際学プログラム修士課程2年で私の研究室に属し、龍谷大学社会科学研究所松島グループ事務局をしている一木さんが、拙書の書評を書いて下さいましたので、ご紹介します。心よりお礼申し上げます。


image[1]


新刊『琉球独立への道』(法律文化社)松島泰勝著が全国主要書店にて発売されます



 共同研究「島嶼経済とコモンズ」代表である松島泰勝氏が『琉球独立への道ー植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』を刊行された。

 これまで、沖縄独立論は文化や思想などの様々な視点から論じられてきた。本書も、その独立論の系譜に属するとしているが、それとは全く趣を異にしている。

本書の重要な特徴は、社会科学の見地から、実現可能な具体的な論考がなされているという点である。松島氏は、これまで研究に立脚し、他の植民地や非同盟諸国との比較、具体的な独立に向けた活動、脱植民地化への取り組みなどを豊富に踏まえ、政治経済学的視野から琉球の将来を提案している。

 さらに、この本は、もう一つ大きな特徴を備えている。琉球人のみを対象に問題を提起しているわけではない、ということを読み手は認識せざるを得ないということである。本書は読者個々人に対して、重要な問題を問うている。

私自身の読後感は、「日本は本当に独立しているのか」という問題を考えさせられると同時に、沖縄の基地問題を本当に解決することを考えるのであれば、支援・援助という視点で沖縄問題を見つめることではない。

私個人が社会関係の中で置かれている、支配従属の関係を問い直し、そのことの解決することが、最終的には沖縄の基地問題を解決するということにつながるのではないか、ということである。これらのことを本書は私に対して厳しく問うているのだ、と感じた。

 本書は、表題の通り、ストレートに沖縄について論じている社会科学の書である。大いに論議がなされるものと思われる。(一木久治)
スポンサーサイト



<< 『近代日本最初の「植民地」沖縄と旧慣調査 1872-1908』のご紹介 | ホーム | いい正月でーびる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP