FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『近代日本最初の「植民地」沖縄と旧慣調査 1872-1908』のご紹介

平良さんの新著をご紹介します。平良さんとは、うるまネシアの会合で初めてお会いし、昨年11月、12月も
親しく話す機会がありました。ひーじゃー料理店で平良さんが三線を弾き、琉球の唄を歌って下さいました。
平良さんの生きざまにも強い関心を持ちました。

平良さんは宮古島で生まれ、島に根差した、問題意識にあふれた、着実な歴史家です。琉球の近代史を植民地という視点からとらえ返えすとともに、うるまネシアの編集員でもあり、琉球の自立・独立運動の実践家でもあります。実践と研究の往復運動から、琉球、琉球人の解放を目指していると言えます。




近代日本最初の「植民地」沖縄と旧慣調査 1872-1908 [単行本]
平良勝保 (著)

価格: ¥ 7,140



新史料発掘による画期的成果!「沖縄問題」の原点!!「琉球藩設置」(1872)と「琉球処分」(1879)で「琉球国」は「沖縄県」となるが、 「島嶼町村制」施行(1908)までには“植民地併合”の如き長い過程があった。「琉球/沖縄」という歴史の主体から捉え直した「近代沖縄」の歴史。

--------------------------------------------------------------------------------
登録情報
単行本: 384ページ
出版社: 藤原書店 (2011/11/22)

http://www.amazon.co.jp/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E3%80%8D%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%A8%E6%97%A7%E6%85%A3%E8%AA%BF%E6%9F%BB-1872-1908-%E5%B9%B3%E8%89%AF%E5%8B%9D%E4%BF%9D/dp/4894348292/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1327613913&sr=8-1

スポンサーサイト



<< 『江戸期の奄美諸島―「琉球」から「薩摩」へ』のご紹介 | ホーム | 『琉球独立への道』の表紙写真と書評 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP