FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『江戸期の奄美諸島―「琉球」から「薩摩」へ』のご紹介

昨年、前利さんが勢力を傾けて出版されたご本を紹介します。前利さんは、ゆいまーるの集いににも毎回のように参加して下さいます。沖永良部で集いが開かれたときに開催されたシンポジウムの内容を中心にして、主に沖永良部島から島津藩の琉球侵略を検討した本だと言えます。

シンポジウムの際、私も会場から質問、意見をいわせていただき、また交流会では原口さんとの間で、ひと悶着がありました。原口さんは、奄振に関する審議会の委員長になられたそうです。

前利さんの奄美諸島、沖永良部の歴史研究に対する情熱、深さ、思いを感じさせるご本です。




『江戸期の奄美諸島』
─「琉球」から「薩摩」へ─

--------------------------------------------------------------------------------
知名町教育委員会編 A5判 317頁 
定価2,625円(本体2,500円+税)
1609年、島津琉球侵攻―。
奄美に激震が走った。

1609年、薩摩島津氏は琉球を侵攻した。以降島津氏は、琉球を支配下におき、奄美を直轄の植民地とした。それから400年を経た2009年、はじめて琉球列島の住民が琉球侵攻を語り始めた。
そして江戸期、奄美諸島はどういう状況にあったのか。第一線の研究者が、最新の知見からあぶり出す。


■内容(目次より)
第一章 琉球侵攻四〇〇年シンポジウム「〈琉球〉から〈薩摩〉へ」
第二章 座談会Ⅰ「薩摩からみた、近世奄美諸島」
第三章 座談会Ⅱ「琉球からみた、近世奄美諸島」
第四章 朝鮮半島に漂着した薩摩藩士と沖永良部島民 
第五章 沖永良部島の歴史と記憶
第六章 薩摩藩琉球侵攻時の琉球尚寧王の領土認識について
第七章 琉球処分と奄美諸島
 

江戸期の奄美諸島を浮き彫りにする

■編著者紹介
知名町教育委員会編
◎原口 泉(志學館大学人間関係学部教授)
◎豊見山和行(琉球大学教育学部教授)
◎池内 敏(名古屋大学大学院文学研究科教授)
◎弓削政己(奄美市文化財保護審議会会長)
◎高橋孝代(沖縄大学准教授)
◎前利 潔(知名町教育委員会)

スポンサーサイト



<< 早稲田大学 琉球・沖縄研究所:復帰40年沖縄国際シンポジウム | ホーム | 『近代日本最初の「植民地」沖縄と旧慣調査 1872-1908』のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP