FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

早稲田大学 琉球・沖縄研究所:復帰40年沖縄国際シンポジウム

このブログを読んでいる方で、3月末の早稲田大学での「復帰」40周年記念国際シンポに参加される方も多いと思います。国際会議事務局は現在、レジュメ集を出さない方針のようです。私は事務局に対して次のようなメールをおくりました。

「「復帰」40年を記念した国際学術シンポジウムであるので、参加者は自己負担でも参 加するのだと思います。私が所属する全ての学会は、全報告者にレジュメの提出を求め、それを冊子にして配布することで、学問的な成果を共有するとともに、今後の学 問的進展を図ろうとしています。学術会議とする以上、事務局として学術団体や組織が当然行うべきことをする必要が あると、私は強く考えます。」

シンポのHPは次の通りです。
http://okinawasympo.wordpress.com/

シンポの趣旨には「復帰」についての位置づけがまったくなく、グローバル化という言葉で琉球の植民地問題を見えなくさせています。沖縄を媒介して学際的に展開されるとする沖縄学における、沖縄や琉球は研究者にとり「媒介」つまり手段にしかすぎないのか。沖縄学の発展とは何か。いろいろな疑問がわいてきます。

研究者の会議とはいっても、レジュメ集もありません。同時間帯に行われるセッションの内容を確認して、自分の関心のあるセッションを選ぶ上でも不自由です。報告者は自分が報告した内容を文字で残せず、研究交流、自分の今後の研究においても不都合です。

「琉球の研究」を自分たちの力で力でつくるのも、人民の自己決定権の行使です。
スポンサーサイト



<< 沖縄学国際シンポ事務局との議論 | ホーム | 『江戸期の奄美諸島―「琉球」から「薩摩」へ』のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP