FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄学国際シンポ事務局との議論 2


沖縄学国際シンポ事務局に昨日、送付したメールを紹介します。同事務局が一研究者の意見を真摯に受け取り、改善策を具体的に示してもらいたいと思います。



沖縄国際シンポジウム 事務局 様


お世話になっています。
本件に関して、もう1点、お尋ねしたいことがあります。

国際会議が終了した後、ウェブ上に大会報告書をアップする、そのための予算をとっ
ているとのことですが、本末が逆転しているのではないでしょうか。

世界中からわざわざ国際会議に参加する参加者が、各セッションで十分に議論できる
ためのレジュメ集を事前に用意するために予算をまず活用すべきです。

貴事務局は研究者によって構成されていると思いますが、皆様が国内外の学術会議、
学会に参加した時のことを思い起こして下さい。学術会議として運営するために不可
欠なのがレジュメ集です。

私は早稲田大学を母校とし、大学で学び、研究者になれたことを大変、感謝している
者の一人です。母校である早稲田大学において世界的な沖縄の研究集会が開かれるこ
とに対しても大変、期待を持っています。その大会が成功するためにも、学術会議と
して必要最低限のことをして、開催をすべきであると訴えます。


松島泰勝


スポンサーサイト



<< 沖縄国際シンポのレジュメ集が出されることになりました | ホーム | 沖縄学国際シンポ事務局との議論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP