FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まず「吉原のマンション」に重点 「島の未来・島民会議」が発足

昨年8月5日の『八重山毎日新聞』に「まず「吉原のマンション」に重点 「島の未来・島民会議」が発足」と題する記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

吉原のマンション計画、米原のリゾート計画については島民会議のメンバーが中心になって訴訟も行われています。島の新旧住民がメンバーとなっている島民会議の中心的な役割を果たしているのが新垣さんです。

新垣さんは、「島そば一番」という、添加物を含まない本来の八重山そばの麺をつくり、そばも食べさせてくれる食堂を経営しています。東京に住んでいるころにも、石垣島の環境を守る運動をされていました。

黒川先生は、東北大学を退職された先生で、生まれ故郷の島に帰り、島の変貌に驚き、地域の公民館を拠点にして、住民とともに海岸の清掃活動等をされてきました。いつも励まされてきました。

私も賛助会員にならせていただきました。ご関心がおありの方は、新垣さんまでご連絡ください。




島の自然景観守る運動展開へ多くの市民に参加呼び掛け

「緊急、島の未来シンポジウム実行委員会」は4日、「島の未来を考える島民会議」を結成した。石垣市健康福祉センターで開いた結成集会に約50人の市民が参加、市民の側から石垣市の風景づくり条例や風景計画の実効性を担保する活動に取り組む方針を確認した。

当面は、吉原地区の7階建てマンション計画を、風景計画に適合させる運動に取り組むことにしている。実行委共同代表の1人、新垣重雄氏は「きょうの集会で島民会議がスタートする。多くの市民に会員になってもらいたい」と呼びかけた。

島民会議はシンポ実行委を発展解消して発足。実行委員24人以外の市民を幅広く網らし、住民運動として継続的に取り組む組織となる。

主催者を代表してあいさつした実行委の黒川洋一氏は「ここ1、2年の島の変わりようは激しく、これでいいのか疑問だ。誰かが声を上げなければならない」と強調した。

承認された会則では▽島の豊かな自然や美しい景観を守り、育て、伝えるための活動▽島の未来像を模索し、その実現を目指す活動―に取り組むことになり、具体的には法的拘束力のない風景づくり条例・風景計画の実効性を確保するための活動を行う。

 当面、重点的に取り組むことを決めた吉原地区のマンション計画は、市の風景計画では海岸から100メートル以内の「サンゴの海浜地区」に入っており、高さは原則7メートル以内が基準となっている。

川上博久吉原公民館長は「マンションは高さ25メートルで条例に違反するが、建築基準法では合法。これを通すと条例(計画)が守れなくなり、形骸(けいがい)化する」と訴えた。

 このほか、集まった市民からは小中高生による島の未来を考える意見発表大会、講演活動などが提起され、「島の未来を考えるヒントを与えてくれるのではないか」「自分たちで決めたルールを守る市民の意識を高める必要がある」といった意見が出た。

結成集会では会則と活動方針のみを確認。役員や予算、事業計画については9月に開く総会で決めることになった。会費は会員・賛助会員が2000円、団体会員5000円となっているが、高校生以下は免除される。

 申し込み・問い合わせは事務局(新垣重雄さん090-8839-3745)
スポンサーサイト



<< 「豊かな自然を守ろう!」高校生呼びかけ“島人向け”観光ツアー | ホーム | 市民網らし、新たな組織に「緊急、島の未来シンポ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP