FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球、グアムから戻りました

琉球ではワッタールーチューの皆さんと、楽しく、刺激的な話をしました。

グアムでは、グアム政府脱植民地化委員会のエド・アルバレスさんが毎日一緒にいろいろなチャモロ人に合わせてくれました。
11日は午前7時から、グアム大学の教員のマイクさんが年に何度もやっているパガットでのハイキングに参加しました。ハイキングをする前にグアムの神々に祈りをささげ、チャモロの聖地、生活の跡をグアム大学の学生とともに、見たり話したりする、貴重な時間でした。ここで米軍が実弾発射訓練をしようと考えていたと思うと、大変ワジワジーしました。

エドさんからは車の中、食事しながら、グアムの植民地状況、脱植民地化のこころみについて、具体的に詳しく聞きました。

12日は、グアムのロータリークラブ総会においてエドさんがグアムにおける脱植民地化運動の方向性について、グアムの会社経営者、ビジネスマン・ウーマンに話をしました。その内容は翌日のマリアナスバラエティで大きく報じられました。

その後、インシュラーエンパイアーのホープさん、グアム大学のリサさんにお会いし、脱植民地化運動について話を伺いました。

カトリック教会でカルボ知事ご夫妻の結婚25周年ミサに参加したあと、夜にはパーティにでました。そこでチャモロ人、移住アメリカ人等と、グアムの話を語り合いました。グアムの生活に触れたひと時でした。

私がグアムに住んでいたときお世話になった、琉球糸満出身の佳子さんと13年ぶりにお会いし、現在のグアムについて伺いました。

グアムの先住民族NGOの代表、グアム議会の元議員のマニブサンさんにお会いし、琉球とグアムとの類似性、脱植民地化の方向性について語り合いました。

その他、グアム政府の官房長官、グアム政府移民局職員、エドさんの弟さんのボブさん等、多くのチャモロ人と出会い、話すことができました。

楽しく、充実したグアム旅行でした。

5月にはエドさん、マニブサンさん、マイクさんが琉球に来る予定です。ともに、「復帰40年」、グアムと琉球の脱植民地化について考え、議論したいです。

スポンサーサイト



<< 『琉球独立への道』喜山さんの書評 | ホーム | 今日、琉球に帰国します。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP