FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「豊かな自然を守ろう!」高校生呼びかけ“島人向け”観光ツアー

本年1月1日の『八重山毎日新聞』に「「自然を守ろう!」高校生呼びかけ“島人向け”観光ツアー」という記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

島人が自らの島の現状を学ぶための観光ツアーを高校生が企画したという内容の記事です。若い人が島の現状を心配し、自らも行動しており、石垣島の自治の可能性を感じることができます。




「島の現状 分かってほしい」開発と景観問題を提起


「生物は人の声や足音にも逃げてしまうので、あまり大声を出さないでください」。名蔵アンパルでガイド役が注意を促す。ツアー参加者20人がゆっくりと干潟に足を踏み入れていく。立ち止まって足踏みをすると、液状化現状のように水がわき出し、足が砂に埋まっていく。

「同じところを踏み続けると、底なし沼のように足が埋まっていく。これが湿地帯の特徴です」とガイド。「しゃがんでじっとしていてください」と言ってしばらくすると、カニが砂の中から出てきて動きだした―。

八重山商工高校観光コースの3年生15人が昨年12月9日、「第1回島人向け観光ツアー〜島の魅力再発見!見つめよう島の未来〜」を実施した。単に自然や文化など島の魅力だけを紹介する観光客向けのツアーではない。

自然環境や景観の問題にも目を向けてもらおうという内容だ。観光コース長の張本直子教諭は「3年生の集大成として毎年実施していきたい」と話す。生徒も参加者も、観光の土台となっている島の財産を考える良い機会となりそうだ。
 
■きっかけ
 ツアーを企画するきっかけになったのは丹生谷千歳さん(3年)が2年のときの作文「島人向け観光ツアー」(第2回おきなわの観光意見発表コンクール最優秀賞)。

 父親が西表出身の丹生谷さんは大阪から単身、八重山商工に入学してきた。幼いころから学んできた琉球舞踊をはぐくんだ土地でもっと深く勉強したいとの思いからだ。

観光コースで勉強するうち、島の人たちが島の魅力を知らない部分があるのではないか、そんな思いが作文につながった。

 同年の生徒たちが、賞を構想で終わらせず、実践してみようとツアーを企画。ツアーには定員20人枠に75人の応募があった。

■知らない場所
 コースは新空港建設地のカラ岳、伊原間牧場、仲間満慶の墓、川平石崎、アンパル、バンナ展望台。車中から野底マーペー、米原リゾート計画地、吉原マンション計画地、元名蔵宅地開発予定地も見て回り、生徒たちが事前学習した成果をガイドという形で表した。

 伊原間牧場はほとんどの参加者が初めてで「どこに許可を得ればいいのか」との質問が出たほど。川平石崎、アンパルも初めて訪れる人が多く、50代の女性は「石垣島に長年住んでいるが、見る機会がなかった。

初めての場所が多くて、恥ずかしいくらい知らなかった」と話した。
 同牧場でガイドをした名嘉舞さんは「伊原間牧場は自然にあふれ、ここから見渡す海の景色はとても素晴らしい。

平久保牧場も含め、この豊かな自然に手を加えることは八重山の大切な財産を失うことになる。私はこの自然を守っていきたい」と思いを込めた。

■「考えさせられた」
 参加した30代の女性は「観光コースでよく勉強しているなと思った。心に残るツアーだった。島の魅力を再認識することができ、環境問題についても考えさせられる良い機会になった」とツアーを評価し、「この子たちが成長して石垣島を背負うようになってほしい」と島の若者に期待を寄せた。

 その高校生たちも「これまでうわべだけ見ていたが、ツアーの企画を通して裏側までみることができた。見えるところは栄えているかもしれないが、10年後、20年後、知らないところで自然環境がなくなるのではないかと怖い面もある」。

小室弾さんは島の現状に敏感になったという。

 「この島のすごいところをアピールしたいと」と思って観光コースを選んだ東内原真子さんは「良い面も悪い面もみえてきた。ツアーを通して島の現状をみんなにわかってほしいという気持ちになった」と言い、自ら島の未来を考える島民会議に参加して関心を持ち続けている。

■問題提起
 「展望台から見える風景はきれいですね。でも、この展望台はぜんぜん風景とマッチしてないと思いませんか。『展望台は目立ってはいけない、自己主張をしてはいけない』という約束事を忘れている。隣にある赤瓦の展望台とどちらが石垣島っぽいですか」。

 最後のコースとなったバンナ岳展望台では、こんな問いかけから始まった。たしかに朱色と青でごつごつした、いかにも人工物といった感じで、柔らかな印象を与える隣の古い赤瓦の展望台とは対照的だ。ガイドの崎枝玲奈さんが続けた。

 「ホテル、マンションやアパートの建築ラッシュ。市街地から出ると海岸近くまで住宅やホテルが建ち、木が切り倒され、島はますます殺風景になっています。皆さんの目に映るこの石垣島は発展に向かっているのか、それとも危機にさらされているのでしょうか」

■観光を担う人材
 崎枝さんは「この手作りツアーを島人が主体となった島の将来を描く第1歩にしたいと思います」と締めくくった。これはツアーを企画したみんなの思い。

 この春、観光コースは初めて卒業生を送り出す。1期生15人。帰りのバスでお礼のあいさつをした丹生谷さんはこんな決意を披露してくれた。

 「私たちはもうすぐ卒業で島を離れる人が多いが、離れても島の魅力を誇りに思い都会で頑張っていきたい。1度、島を離れ、視野を広げ、勉強し、経験を積み、いずれは島に戻って観光業に貢献したいと考えています。そして、いつまでも魅力があり続けるように守っていきたいと思っています」。

スポンサーサイト



<< 学生の卒業論文とゼミナール論文に関してのお礼 | ホーム | まず「吉原のマンション」に重点 「島の未来・島民会議」が発足 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP